neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

いきもの

童謡と、涙と、おばあさんと

いまどきの子どもは 昔の童謡なんて歌わないのでしょうか。 童謡。 小学校で繰り返し歌いました。nが二年生の時です。 学期途中で担任の先生が変わりました。 新しく来た先生は、音楽の授業で童謡を好んで歌いました。 清く正しい、文部省唱歌でした。 当時…

一人の差は大きい2

楽しい楽しいおやつも終盤の頃 「あっ。こんなところに、たまごボーロが1個落ちてた!」 後から出てきた半端分。 そうです、 丸いおやつは、転がりやすい。 おやつの時間は 夢のようなひと時、から 油断ならないひと時、に豹変します。 少なくともn姉妹は…

一人の差は大きい

お家でのおやつの時間、少しでも大きなおせんべいを、 少しでも形の良いクッキーを、 少しでも多くの味のラムネを、お兄ちゃん、お姉ちゃんより多く食べることに心血を注いでいた方は、 弟さん、妹さんではないかと思います。 「早く食べちゃお!」 おやつに…

刹那的な方たち

先週末、かめのじょうとお別れをしました。 n以外、もはや誰もお世話をしないのでnの仕事が立て込んだり、 残業が続くと 亀の世話までは手が回らなくなってしまいます。今は半冬眠していますが これからさらに暖かくなってくると…。 4月は別れの季節、と…

半冬眠の理由

昨年の夏、 長女は下校途中におじちゃんから亀をもらった。 なんでおじちゃんは 道端で亀を持って、たたずんでいたのか。 そして見ず知らずの女児に託したのか。 という疑問が、 保護者としてまず沸く。でもこのお話の内容から逸れていきそうので、nのおじ…

一字違い(別バージョン)

昨晩の入浴中。 仕上げ歯磨きも終わって ぐぶぐぶゆすぎをしていた次男。 お口の中に水を入れたまま、「がぁ~っ。」「ごお~っ。」 となにか大声でうなっている。 この、工場現場のような音は何だろう? 早くゆすいで、あったかい湯船につかってくだされ…。…

一字違い

昨晩の入浴中。 仕上げ歯磨きも終わって ぐぶぐぶゆすぎをしていた次男。 お口の中に水を入れたまま、「がぁ~っ。」「ごお~っ。」 となにか大声でうなっている。 この、工場現場のような音は何だろう? 早くゆすいで、あったかい湯船につかってくだされ…。…

元妊婦の、妊婦さん?への心配

家を数日空けると、生き物の世話が出来ない。 旦那さんの実家へ帰省する前に 飼っていたザリガニを、もといた川へ戻した。 キャッチ&リリース。捕まえてから、放すまでが長かった。 捕まえたのは、昨年の夏休み。 4ヶ月の間に、3匹のうちの1匹は、 お腹…

人生の順番

その昔 勝手に親しみを覚えていた人が、このほど亡くなった。 かなり遅れて、人づてに知る。その人は芸能活動をしていた。 TVにも舞台にも出ていた。 なので nが一方的に知っている、という方です。 肝不全のため、33歳で死去。 若い人が、亡くなる…。 家…

15年後の変貌

先日、友人の結婚式に参列した妹。 学生時代に同じサークルだった仲間の一人が挙式、 ということで 当時のメンバーがワイワイ集ったのだそう。 nは、妹のワイワイ仲間の数人を知っている。 妹からメールが入る。 「楽しかった!それにしても男性陣の老けっ…

ふうせんのはなし

第三子を妊娠中の話です。 長女5歳、長男2歳の頃は 風船と言えば、紙風船しか買ったことがありませんでした。 三人目が産まれる前に、ゴム風船デビューしました。 nが見ている前で遊ばせれば、安全だろうと。 妊娠中の貧血のためか 風船を膨らませるまで…

たまごのはなし

今から3年ほど前、三人目が欲しいなと考えていた時のことです。 たまご ー「安価で、栄養価の優れた食べ物」と 中学校の家庭科で習ったような気がします。 安価かどうかは個人個人によって感想が違うかと思いますが、 高栄養であることは、間違いありません…