neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

遺伝だと思います…

小さい訳ではないが、nは通らない声であった。 ざわざわした駅構内で、話していると 相手から聞き返されることが多い。 騒がしいお居酒屋で注文を頼む時の「すみませーん!」は、 発した瞬間に、がやがやした店内へ消えていく。 密室の自宅で、子ども三人が…

ポリマーの嵐ではない!使い捨てマスクの強度

先日、ポケットに使い捨てマスクを入れたまま、洗濯機で ざぶざぶと洗ってしまった。 マスクはどうなったか。 ドラム内の流水回転と高速脱水で、ちぎれちぎれになったマスクが 衣類全体にくまなく付着して、 それを取り除く作業が、えらい厄介な…あの嵐…。 …

中間子の底力2/2

長男のお友達、真ん中っ子の3人が遊びに来た時 おやつを出すと、食べる前に討論が始まる。 どのおやつを食べたいか?をお互いに聞き合う。 兄弟間で繰り広げられる熾烈なおやつ争いを 家庭で体験的に知っている中間子は、 それを未然に防ぎ、上手に回避する…

中間子の底力1/2

長男は放課後に クラスのお友達を、自分の家に招くことが好きらしい。 転職するまでは、nがいつも不在だったので 自宅にお友達を誘えなかった。 「ばぁばの家じゃなくて、自分の家にお友達を呼びたいんだよ。」 当時、時短勤務とは名ばかりの、フルタイム+…

バレンタインは松竹梅と毒薬で3/3

フォンダンショコラを作っている時。 湯煎で溶かしたチョコに、混ぜ合わせた卵黄と砂糖を入れて 小麦粉を混ぜる工程で お友だちと長女は、少し不安になったようだ。 長女「生地、ドロドロだね…。」 お友だち「それに黒光りしてる。あやしいかんじ。」 長女「…

バレンタインは松竹梅と毒薬で2/3

クッキー生地を冷蔵庫で寝かせている間に、 型抜き一式をごそごそと探した。 普段使わない製菓器具は、 nしか分からない奥の方にしまってあるのだった。 あった、二人に渡す。 長女「クリスマスツリーの型抜きは、バレンタインとは違うから−」 お友だち「使…

バレンタインは松竹梅と毒薬で1/3

今年のバレンタインデーは、 クラスのお友達と一緒にお菓子を作るという長女。 フォンダンショコラと、チョコチップクッキーを作るのだという。 今までは当然のようにnと作っていたけれど、ママは卒業したようだ。 そんなわけで 先週末はn宅のキッチン(か…

淡い恋おまけ

リビドーほとばしる?入院中の父の様子を、妻であるnの母に言うことは なんとなく躊躇したのだけれど その場でショックを受けるより (帰ってくれという意味合いのことを言われ、nは若干悲しかったです…) 二段構えで、nが前ショックを与えておいた方がダ…

淡い恋4/4

仕事の合間を縫って父のお見舞いに行っているのは 妹も同じである。 先日nが遭遇した ”(誰でもいいから)女性スタッフと二人っきりになりたいがための、 見舞い人・追っ払い事件”をつぶさに妹に報告した。 骨折してリハビリ経験のある妹は、サラリと言う。…

淡い恋3/4

父のだいぶ後をのろのろと歩いていると、 別の担当療養士さんにお会いした。 「こんにちは。 あれ?今日はリハビリ見学されないんですか?もう帰っちゃうんですか?」 「はい。療養士の〇さんと二人っきりになりたい風だったので、 さっさと退散することにし…

淡い恋2/4

まもなくして、噂の療養士さんが病室へやってきた。 「〇〇さん(父の名)、遅くなりました。 今日もリハビリ、一緒にやりましょうね~。」 見舞い人のnに気づくと 「あっ、こんにちは。担当の療養士の〇です。」と爽やかに挨拶してくれた。 いつも父がお世…

淡い恋1/4

仕事の合間を縫って、父のお見舞いに行く日が続く。 いつものように訪ねていくと、父は病室でパソコンを開いていた。 「資料を作っているんだよ。引継ぎのね。」 なんの引継ぎ資料なんだろう…。 ともかく、昨年末のような寝たきり状態から 少しずつ日常の動…

1月

第一週 今年のお正月もM子リゾート(旦那さんの実家)へ帰省した。 ただ今回はリゾート近くのビジネスホテルへ泊まる。 旦那さんには、お姉ちゃんがいる。 たまの帰省なのに、どこか寛げないお姉ちゃん。 旦那実家なのに、遠慮もなく寛ぐ嫁のn。 お姉ちゃん…

にわか筆跡診断士?

会社で退職者が出たので、昨年末より 募集の広告を出している。 ちらほらと履歴書が送られてきて、順次面接を行っている段階である。 画一的な形式の履歴書からでも、その方の個性は にじみ出てくるものだ。 またメールの挨拶文や、添え状一つとっても その…

仕事環境のせいではない…

次男が体調を崩した。 インフルエンザでクラスの4割のお友達が休んでいる翌週であった。 さいわい 熱は37度前半から上がらず、単なる風邪であったようだ。 今までの十数年は 子供が病気になった時ですら 会社で仕事をし続けてきた。看病は、nの母頼みで…。 …

ギャップは埋まるのか

父が脳梗塞で倒れた。 数週間の治療の後、リハビリ病院へ移されたのが先日。 転院先での様子も気になり、この間は有給をもらって お見舞いに行ってきた。 とても明るい病院だった。 それは 新しい建物のせいなのか、 スタッフの爽やかさからくるものなのか、…

ファーマン変化形

父が入院してからというもの ほぼ毎日、父関連のことで妹と連絡を取り合っている。 事務連絡に交じって、ファーマンを挟み込んでくる妹。 「今朝はダイヤ乱れで、ファーマン遅れたよ。ただ今到着せり!」 「今日はテレワークだから、ファーマン行かないの。…

それが無かったら意味がない

長女には行ってみたいカフェがある。 地元にタピオカのお店ができたので、そこでタピってみたいのだという。 大流行からやや時差のある、その個人的な興味の盛り上がり、 応援しましょう! クラスのお友達が、お姉ちゃんと飲みに行ったらしく、 長女も背伸び…

脳梗塞で倒れたとき、妻は…4/4

「膀胱のここの部分が膨らんでいるのが分かると思います。泌尿器科の先生が癌の印象です、と診断しているんですね。」 レーザーポインターで 患部の周りをぐるぐると指し示しながら担当医が言った。 きましたね…いやな予感は的中しましたね…。 でも余命三か…

脳梗塞で倒れたとき、妻は…3/4

父がリハビリ病院へ転院する前の週、 担当医から脳梗塞の経過と、偶然に見つかった膀胱の腫瘍について 詳しい説明があった。 母とnは指定の時間にナースステーションへ行くと、個室に通された。 いやな予感がした。 前回、担当医からの経過説明の時は、 ナー…

脳梗塞で倒れたとき、妻は…2/4

脳梗塞で倒れて以来、 病院のベッドで寝ているだけの生活を送っている父ですが 少しずつ動ける範囲も広がり、車椅子にも乗れるようになった。 柔らかいゼリー状のものなら、口から食べられるようにもなった。 そんな矢先、同病院内の泌尿器科の受診を勧めら…

脳梗塞で倒れたとき、妻は…1/4

nの父が脳梗塞で倒れてからおよそ3週間が経った。 母は毎日病院へ通っている。 救急で診てもらい即入院となってから、様々な思いが去来しているようだった。 感情の起伏が激しい。 妹とnは、ふつふつと湧き上がるやさぐれた?怒りに近い気持ちの高ぶりを …

ファーマン?

妹は製薬会社に勤めている。 社名は製薬業界でよく聞く 何とかファーマ、である。 初仕事日、年賀状の仕分けをしていたそうな。その中の一枚に 「〇〇ファーマン株式会社 御中」 と書かれた年賀状を見つけた。 ファーマンって?? 空を飛ぶスーパーヒーロー…

新年の意気込みに、ダイアリ―2/2

頂き物の頂き物であるビジネスダイアリーは、ハードカバーのような日記帳である。 色は黒で、装丁もおもおもしい。 ビジネスダイアリーなんて、社会人になってから一度もつけたことなど なかった。 今まで仕事の管理は、会社のスケジュール表と大雑把なnの…

新年の意気込みに、ダイアリー1/2

仕事始めの6日 昨年は家で仕事を再開したが、今年は出社することになった。 挨拶周りみえた営業の方を出迎えたり、掃除機をかけたり、 お年賀を買いに行ったり、出していなかった会社へ年賀状を書いたり、 昨年末に出しそびれた段ボール類をつぶして縛った…

12月

第一週 好んでスキンヘッドをモットーにしている方に、ヘアケア用品が届くことと アンチ甘党の人に、とら豆とおたふく豆が届くことは どこか似ている。 銭湯屋を営んでいる方に、地元の入浴券が当たることや (知人の結婚式の二次会で巻き起こった) 飛行機…

厳戒態勢をくつがえされて、ズコー2/2

わりと元気な次男、小児科へ行く。 診てもらったところ- 「筋肉の痛みじゃないかと思いますね。 咳をしていて腹筋が痛くなると、痛みを訴えるお子さんもいますよ。 お腹の診察中に笑い出してましたからね、深刻な病気ではありませんよ。 まったく心配いりま…

厳戒態勢をくつがえされて、ズコー1/2

次男が、「お腹がいたい」と言う。 6歳なら自分で痛みを訴えられる歳である。 冷えたかな? 下着は常にシャツインだし、パジャマもイン。 咳は少し出ているけれど、鼻水はない。 睡眠も充分にとれている。 声は大きく、機嫌も良い。いつものように、よく食べ…

レタボの悩み

小学五年生の長女は、クラスで配布物係を担当している。 レターボックス係、略してレタボ。 レタボの仕事内容は、 先生が教室へ来る前に今日の配布物(プリントだったり、ノートだったり)を 朝、職員室へ取りに行く。 配布物が重い時もあるので、二人ペアで…

バタバタ会話で離婚の相談4/4

「もう二ヶ月帰って来なくて…。 その間に勝手に家を借りて、そこで女の人と住んでいるみたいで…。」 ただならぬ状況に口を押さえるn。 本当なのだろうか。 「興信所で素行調査してもらったので、証拠は掴んでいます。 これで二度目なので、もう別れようかな…