neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

子ども

頭と背中が重いのです

次男が学校から帰ってきた。 玄関で出迎えられる喜びをかみしめる、テレワークの母、n。 (この時点で、本日の業務は終了。残りは夜に持ち越しとなる。) 右の小指をティッシュで押さえている。 帰って来るなり泣き出した。 「うううううっ…うゎーん!!」 …

トムの急務とジェリーの穴

子どもたちの学校が再開し、在宅ワークがはかどる、はかどる。 家庭生活を回していく役を一手に引き受ける者が、生活空間で仕事をすると どうなるか。 部屋の中の家事を、いちいち見つけてしまう。 先日、晴れた日があった。 貴重な晴れの合間に布団と枕をす…

ふりかえって分かるもの

今日も子ども達は 休校中の宿題をやっている。 長女が 社会の学習「国民主権と平和主義」のプリントの 最後に書いてある、ふりかえり の欄で困っていた。 さっきから鉛筆が止まっている。 しばらく考えた後、何とかまとめたようだ。 「動画は楽しかった。 分…

何部に入ったか。

中高校の部活もゴールデンウィークを過ぎると、 仮入部からそろそろ本入部となる。 休校中でなければ、今はそんな時期であろう。 さて。我が家の入浴前の会話。 次男「やさいがお風呂にある!」 長男「これ、草?お野菜?」 長女「多分ニラだよ。ニラ湯かぁ…

ランドセルに埃、その時母は…

長女と長男の小学校用の道具類を置く棚に 今春入学した次男の持ち物も加わったので、少し整理が必要であった。 ふと長男と次男のランドセルを見ると、 うっすらと埃をかぶっていた。 長女のランドセルは 明るい色のお陰でか(?)埃は目立たなかった。 かれ…

キズや凹みにも寛容になる

車の話ではない。 寝室の壁面の話である。 先日、壁面の一部に陥没を見つけた。 なんとか元の位置に戻して 凹みなんて無かったことにしようという魂胆が 壁紙の破け具合から伺い知れた。 壁紙だけ前にもってきても、 壁は後ろに凹んだままですよ。 陥没は低…

横取りでどうぞ!

乳幼児の言いまちがえ例。 ちんこん(鎮魂)味噌うどん …けんちん味噌うどんのこと ちゃーしぶ …茶渋のこと 小学生になると 聞き間違えによる珍発言の頻度は下がるけれど、 文字が読めるようになったことによる、読みまちがえは わりと起こる。 先日nの買い…

ないものねだりなひと

休校中の長女長男に加えて、保育園に通う次男もお休みとなって およそ三週間が経った。 当時忙しく会社勤務をしていた頃に切望していた、 ”土日以外に、子どもたちと一緒に過ごせる喜び” を 今まさに享受している訳ですが― 先日、どうしても日中にやらねばな…

すりかえかめん、エーデルワイスです

同僚からもらったナッツは家に持ち帰って 朝食時に食べることにした。 ナッツ類は食べ出すと止まるところを知らない。 しかし メタボの対極にあるロカボナッツは、小分けパックになっていて 程よい量であった。 カリカリ、コリコリと味わっていると長女の手…

まだまだピーク

家にくすぶる三姉弟。 大々的に外出もできないゆえ、室内遊びが盛り上がる。 クイズを出題していた長女が、今度はお題を掲げた。 長女「ねぇみんな!もし頭に髪の毛が一本もなくなったら、真っ先に何したい?」 長男「髪をとかす!」 次男「ぼうしをかぶる!…

くちびるでロールシャッハ

その日は冷たい雨が降っていた。 二重跳びができない長男は、 この長い春休みにマスターしようと(nに課題を出されて)練習することになった。 雨の日だって練習は可能である。 マンションのエントランスに若干のスペースがあって そこで練習できるのである…

仕事環境のせいではない…

次男が体調を崩した。 インフルエンザでクラスの4割のお友達が休んでいる翌週であった。 さいわい 熱は37度前半から上がらず、単なる風邪であったようだ。 今までの十数年は 子供が病気になった時ですら 会社で仕事をし続けてきた。看病は、nの母頼みで…。 …

それが無かったら意味がない

長女には行ってみたいカフェがある。 地元にタピオカのお店ができたので、そこでタピってみたいのだという。 大流行からやや時差のある、その個人的な興味の盛り上がり、 応援しましょう! クラスのお友達が、お姉ちゃんと飲みに行ったらしく、 長女も背伸び…

塗布の頻度は…気持ち次第

長女が 皮膚科でもらってきたローションの薬を、お風呂上りに塗っていた。 薬が入ったボトルの側面には、 注意書きのシールが貼ってあった。 「飲まないでください。」 ひらがなを覚えた次男は、 身の回りに転がる文字を積極的に読もうと試みる。 「きのむく…

BじゃなくてD

小さい子どもが正しく言えない言葉のベスト4は、 マヨネーズ。 エレベーター。 トウモロコシ。 ブロッコリー。 といったところでしょうか。それぞれ、 マネヨーズ、 エベレーター、 トウモコロシ、 ブッコロリーと語尾変化することが多い。 そこへ新たに「…

名前で脚韻

先日公園で拾ってきたどんぐりで、次男が遊んでいる。 さっきから知らない子の名前を、連呼している。 「ナオキ!だめだってば、ナオキ!!いけないよっ!」 なにかを阻止しようと注意をしているようだが…。 「なおきくんって、保育園のお友達にいないよね?…

ガードがゆるい二枚目

入浴前。 脱衣場でお洋服を脱いでいた時 次男が、なぜかパンツを二枚はいていたことが 発覚した。 n:「あれ?Kちゃん、パンツを二枚はいている?」 次男:「?」 n:「今日一日、暑くなかった?二枚はいてると、暑いんじゃない?」 次男:「あつくなかっ…

三位一体

長女はただいま移動教室へ行っている。 家の中が静かである。 といっても 長女が一人で騒いでいるのではない。 長女がいないことによって、長男次男のテンションが上がらず パワーアップに欠けるからであった。 長女、長男、次男は 三位一体であるらしい。

小児科学会さまへ2/2

目を開けたままのシャワーは、 子供から目を離さないという点では確かな方法ですが、 目がしみます。 しみるうちに目の中がゴロゴロしてきて、nはある時 両眼が結膜炎になりました。 子育て中は、自分の病気で医者にかかれる時間などありません。 眼科に行か…

甚だしき加害妄想2/2

長女の泣きが収束してきた頃、すかさず理由を聞いた。 長女は入浴前に、小さかった頃のアルバム写真を見ていたらしい。 アルバムを棚に戻す時に手が滑って ばぁば(nの母)の足の甲に、角を下にして落としてしまったそうな。 ドサッ! 「あいたたた〜!」 痛…

甚だしき加害妄想1/2

入浴中。 長女が浴槽の縁に腰掛け、物思いに沈んでいる。 うつむき加減で、体を洗う手が止まった。 みるみる顔が曇り、ぽろぽろと涙をこぼした。 どうしたの?と心配する母の声を聞くと、 3・2・1…(カウントダウンです) 「うわーん!!」 息急き切った…

法事にて3/3

nが小さかった頃、法事に出ると決まって 妹と一緒に木魚の音にゲラゲラ笑い、お経を上げるお坊さんの声真似をしては、大爆笑していた。 しかし、誰からも注意されたことは無かった。 なぜならハイパワーかつハイテンションで暴れまわる、年上のいとこたちが…

法事にて2/3

料理で ひとつまみ と ひとつかみ の塩では、大きな違いがあります。 お焼香でも ひとつまみと ひとつかみ の木っ端?では、大きな違いがあります。 お焼香の順番が回ってきた。 朗々と詠まれるお経の声に重なって、nの小声の説明が 次男はよく聞き取れなか…

ビジネスに恋愛に「返報性の原理」1/2

先日、妹の会社で同僚の送別会があったらしい。 こんな中途半端な時期に?と思ったら、契約社員の方らしく 単に契約の期間が終了したから、とのことであった。 なかなかクセの強い方だったらしく、契約終了となって みなさん内心ほっとしていたよう。 しかし…

針小棒大2/2

翌日の保育園にて。 次男は、映画に出てくる憧れのグッズを、パパとお兄ちゃんと作ったことが嬉しくて、 担任の先生に興奮気味にお話した。 「こーんなに大きな棒、きのう作ったの!とーっても長いんだよ。光るの。 緑と青に。」 「へえ~そうなんだ。とって…

針小棒大1/2

この間見たSF映画が、子どもたちは気に入ったようだ。 長男次男ペアは、ここ数日 映画に出てきたあのグッズを作ってみたい、との思いを強めていた。 「ねぇ。あの映画にあったやつ、ぼく作ってみたいんだよ。」 「ぼくも!」 nには頼まず、パパにお願いする…

SF映画と10代女子の悩み

子ども達とSF映画を見た。 一場面で、ある星が爆破されるシーンがあった。 長男次男は 「おお!だい・ばく・はつ!!」 「どっか~ん!!」「うわーっっ!」 大興奮である。 男児は 破壊力のあるもの、大きな音が出るもの、火の出るもの、 なんか力がありそ…

歳によって変わる視点

小児病院での待ち時間、本棚に並べてある絵本を何 気なく眺めていた。 小学校高学年の長女が読むには、ちょっと簡単かな~。 とある一冊に、nは吸い寄せられた。 この本、知ってる! 表表紙の絵に見覚えがあった。 夏休みに何回も読んだ記憶がある。 三度の…

職によって変わる視点

先月、長女を連れて 遠くの病院へ行く機会があった。 小児専門のその総合病院は 建物全体の色調がパステルカラーで、 雰囲気的には イカツイ病院にいる、というより わくわくのテーマパークにいる、といった感じであった。 待ち時間に子供が飽きないような工…

年中行事と子どもの年齢、その相関関係

昨日は七夕だった。 つい先月、近所の雑木林に笹があることを知った。 なんとか緑地、と名前のついた公園であるからして 勝手にササを引っこ抜いてはいけないだろう… いや、笹は雑草? 何食わぬ顔して引っこ抜いてもよい…?などと迷っているうちに 七夕が終…