neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

わたくしn

オーバーホールと膨らむ老後の夢

楽器をオーバーホールに出しました。 全体を分解し、へこみやキズを修正し、コルクやフェルトを全交換し、 バランスの調整をしてもらいました。 楽器を持っている方にとって オーバーホールに出す、という行為は 楽器人生の中で大変なビックイベントらしい。…

デスクワークで立ち仕事

体重の増加、という由々しき事態に立ち向かうため 以下の対応策を考えた。 一、早朝ウォーキングを始める。(本当は走りたいのだけど、両膝の痛みにより断念) 二、無駄に家の中を動く。 三、料理をしている時や寝かしつけている時に、こっそり自重筋トレを…

増量したものとは?

増量である。何が増量したのか。 食器洗剤?干ししいたけ? 今だけうれしい、増量20%? … 自分の体重が、である。 在宅ワークの弊害なのか…過食による当然の報いなのか… (たぶん後者) 増量なんて、うれしくない。 しかも今だけ、じゃない。

特殊能力が消えたら…

久しぶりに次男がおねしょをした。 「ママ…ぬれちゃった。」 一瞬にして目が覚める。 普段は、ぼけた発言で周囲に呆れられているnだが 夜中は寝ぼけない。 すぐに目が覚め すぐにはっきりした声が出る。 そして、すぐに動ける。 布団に足元を取られて転ぶこ…

約束をすっぽかした件4/4

友達は、時間通りにやって来た。 かわいい赤ちゃんを連れて。ご当地のお土産を携えて。 友達は、すっぽかさない。 nはこの前の失態を再度謝った。 「全然気にしないで。 nちゃんセレクトのあのお店、とっても美味しかったよ。ぜひ行ってみて。 今日はお招き…

約束をすっぽかした件3/4

nのすっぽかしによって 里帰り中の友達との再会が流れてしまったが、 寛大な彼女のお陰で、日を改めて会えることになった。 離乳食の始まっている赤ちゃんを連れてくるならば、 店より家の方が過ごしやすい?と思い nの家へご招待した。 当日。 友達がやって…

約束をすっぽかした件2/4

「10分くらい遅れます。」という友達からの連絡を受けた時に、 約束自体をおもいだした。 n、最悪な友人である。 友達は 赤ちゃんを連れて、待ち合わせのお店に向かっている。 一方のnは、学級閉鎖中の風邪っぽい長男と家にいて のん気に長男の昼ご飯を作…

約束をすっぽかした件1/4

友達との約束をすっぽかした。 すぐ目につくカレンダーにも 予定を書いていたのに 頭から完全に抜け落ちてしまった。 会う予定の前日、学校から 三日間長男のクラスのみ学級閉鎖とする、という連絡を受けた。 予想外の展開に慌てる。 「三日も仕事は休めない…

謎のバイオリニスト3/3

また別の日の、広い公園で。 演奏会で吹く曲、モーツァルトの交響曲第40番を練習していました。 パートのソロがあるので、何回も吹いていました。 例によって 指が転ぶので、しつこく練習していました。 すると 遠くの方から、聞き覚えのあるメロディーが流…

謎のバイオリニスト2/3

nが楽器を練習する時間帯と ほぼ同じ時間帯で、バイオリンを練習している方がいます。 バイオリンについて詳しくは知りませんが この前は物凄い速さで 「チャルダッシュ」を演奏されていました。 このように 広い公園内の遠く離れた場所で演奏していても、…

謎のバイオリニスト1/3

仕事を後回しにできて 天気のいい日は、とある広い公園で楽器の練習をしている。 「狭い所で楽器を吹いていると、音が縮こまる傾向にあります。 外の広い空間で練習することも必要です。」と かつての先生が仰っていたからだ。 そのとある広い公園では、 今…

黙らせる演奏…?!

楽団のミニコンサートに出ることになったので 時々、近所のカラオケボックスで 楽器の練習をしています。 近所に音大があるせいかフルートやバイオリンなどの楽器を練習している方や 声楽の練習している方と カラオケボックスでよく遭遇します。 スケール、…

深夜のAKB練習

夕方、次男の保育園へお迎えに行くと 隣のクラスで、ピアノに合わせて 歌を練習していた。 卒園式で歌うのだろうか…。 でもよく聴く卒園ソングとは、ちょと違った。 歌の全体が園児っぽくない。 歌詞もメロディーラインも美しい曲が気になって 帰宅後、次男…

強引なノスタルジー

先日自転車に乗っていて、転倒した。我ながら鈍くさい。 補助輪なしの自転車を乗りこなせるようになってから、はや30年以上が経つが 大人になってから 自転車で転んだのは、これで2度目である。やはりニブい。 1回目は、二十歳の頃。バイトの帰り道、近所の…

漢字かな混じり文2/2

薦めてくれた隣の席の子も、nも その恐るべき児童書で感想文を書いて、先生に提出した と思う。 後ろの席の子も同じ本で、宿題の感想文を書いた。 その子が 先生から返ってきたノートを私たちに見せてくれた。 自分が先生からもらったコメントは全く覚えてい…

漢字かな混じり文1/2

「ランドセルは魔女」という児童書がある。 nが今の長女と同い年の時に読んだ。 隣の席の子が薦めてくれたからである。 当時、小学四年生のnは震え上がった。そして震え上がりながら 後ろの席の子に薦めた。 その時の担任の先生は、 「読書ノート」という宿…

ヘアドネーションをしてきた姉

妹に ヘアドネーションしてきました!というフレッシュな情報(どうでもいい…)と ビフォーアフターの写真(いらない…)を送りつけてみた。 「おお、軽くなったね~。 でもこれからの季節、首回りが寒いのでは?」 … nの家族 誰も、いいね!と賛同してくれな…

ヘアドネーションをしてきた母

ヘアドネーションしてきた。苦節?二年、31㎝まで伸ばした髪を じょきっと、切ってもらう。すっきり、さっぱり、頭が軽くなる。 髪って 意外と重量があるのだな。 この軽やかさ。 この扱いやすさ。 美容師さんの、驚きのカット技術で 軽快なボブスタイルに変…

言葉遣いに気を付けねばと思わされた、長女の宿題

nは「皆さんでお召し上がりください」の意である会社に届いた差し入れのお菓子をnはその場で食べず、家に持ち帰っています。 長女の国語の宿題である。 〝今日習った、副詞の呼応 を一つ以上使って 100字以内で作文をしなさい。〟 長女、しばらく考えていた…

長い髪の女性に振り返る

女性の後ろ姿は、 昔も今も 想像力を掻き立てられるらしい。 百人一首の挿し絵の女性は、 後ろを向いている。 か、扇子で顔を隠している。か、御簾の後ろに控えて顔は見えない。 流れるような美しい黒髪が 幾重にも重なる。 いったいどんな女御なのだろう? …

振り返ってからの目つぶし!標的は・・・自分自身

ヘアードネーションを決意し、もうすぐ2年が過ぎようとしている。 neillot.hatenablog.com 髪の長さは、目標の31㎝に達してきた。 髪が長いと 日常生活において、いろいろと不便であることが分かった。 髪を下している場合 どこかとどこかの間に必ず髪が挟…

夏休みの終わり

長いと思った子供たちの夏休みも、あと一週間弱。 宿題をみたり、 一緒に自由研究に取り組んだり、プールに行ったり、 家で一緒にまったり過ごしたい、と願いながらも叶わず既に4度目の夏が終わってしまった。 長女に関しては、 来夏には〝ママと一緒に何か…

個人的ファイヤーフェスティバル3/3

ガスレンジの火で、自分の髪の毛が ファイヤーフェスティバルになったことを書きました。 髪の毛を燃やしたことのある方なら 嗅覚で思い出すことができると思いますが とても焦げ臭い。 タンパク質が焼ける臭い、とでも言いましょうか。 フェスティバルでは …

個人的ファイヤーフェスティバル2/3

鍋に火をかけたまま、レンジ周りのお掃除に熱中してしまうと、 長い髪を束ねない方なら ご自身の髪、ゆったりめの洋服を好む方なら お洋服のすそ、日常的にしめる方なら エプロンのひも、 などを焼く危険性があります。 nのように ファイヤーフェスティバル…

個人的ファイヤーフェスティバル1/3

寝覚めの悪い朝は、 決まって昨晩 遅くまで何かをしていた翌日である。 頭も働かぬまま、顔も洗わぬまま 体は、キッチンへと向かう。起きたら即 朝食の準備!は、どんなに眠くても主婦の習い性なのか。冷蔵庫の食材を確認することが 朝イチの行動として染み…

どこをどう間違ったのか?

夕方。次男がベランダの窓を開けて、外を見ている。 長い間、見ている。外に何かいるのかな?雀とか、のら猫とか…。 様子を見に行く。 何もいなかった。 「夕方の風は少し冷たいから、まど閉めようね。」 とnが言うと「お日さまを見ているの。」と言う。 「…

類は友を呼ぶ

先の9月の三連休は 旦那さん実家、M子リゾートにお邪魔しようと嫁のnは考えていました。 事前に連絡をしたところ「地域の大事な清掃活動があるので…」と やんわりと断られました。 8月の夏休みに行き、翌月にまた押し掛けるのも よくよく考えたらやりす…

マニキュアに時の経過を感じる2/2

蓋が開き、かつ 使用できそうなマニキュアは、一つだけ残っていた。 ブルー系である。 ピンクかレッドを塗りたかったが、 使い物にならないくらいに劣化していた。 ピンクは、あやしく三層に分離。うっすら揮発。 レッドは、どす黒い茶色に変色。同じくうっ…

マニキュアに時の経過を感じる1/2

子どものプールに付き添うと、否が応でも裸足になる。 「爪の色彩に乏しいな。」 自分自身のことに注意関心が向いた自分に、驚いた。毎夏プールに連れて行っているのに、自分の足元、ましてや自分の爪なんかに注目したことは、子供が生まれて以来、久しく無…

グレーじゃなくてクロ

昨日からの続きです。 neillot.hatenablog.com 小一時間くらいの外出中に、お部屋に取り込んでおいた洗濯物が きれいに畳まれていた。 私以外にやる人はいない。 もしかして・・・? その日の夜。 妹にお礼のメールをした。 「今日は留守中に、洗濯物を畳ん…