neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

戦友

友人が大阪から戻ってきた。

旦那さんの転勤で
ご家族で大阪へ越していった、ママ友Tである。

旦那さんの転勤期間が終わり、先月戻ってきた。


ママ友Tの長男とnの長女は、かつて同じ保育園に通っていた。
同じマンションに住んでいたので、ご近所さんでもあった。


ママ友Tの長男は体が弱く、しょっちゅう園を休んでいた。
nの長女も気管支が弱く、ことごとく園を休んでいた。


すなわち
近所の小児科で、毎週のようにお会いしていたのである。



あれから6年。
連絡をくれたママ友Tに、週末子連れで会ってきた。


「わ~お久しぶり!全然変わってないねー!」
「だいぶポンコツやで。」


「髪型、前は長かったけど変えたんだね!」
「だれが長澤まさみや。」


ボケをかましてくるところ、すっかり大阪風だ。


「だれも長澤まさみ、言うてへんし(笑)。」

とりあえず突っ込んでおいた。


全てが懐かしく
子どもたち以上に、ママ同士が再会を喜んだ。



ママ友Tとは「ママ」という繋がりより、

看病のために「すみません、すみません。」と何度も頭を下げて復帰したての会社を休み、

子どもが罹った病気と共に闘い抜いた、

「戦友」
という繋がりで友達なのであった。