neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

よく飲む赤ちゃんは、よく眠る

ー母乳やミルクをよく飲む赤ちゃんは、よく眠る。

 

先週末の一日、妹が遊びにきた。

姪っ子、甥っ子を可愛がってくれる叔母だ。

 

「久しぶりにキッズ三人に会いたいな。」

その真意は

「これからお昼を作るのが面倒だから、食べに行っていい?」

 であったりする。

 

 

妹は食べ物の好き嫌いが無く、何でも「美味しい」と言って食べてくれるので

姉は張り切る。

 

張り切った結果、ごくごく普通の冷やし中華を出した。

あとは朝食で残ったサラダとおにぎり。

ヨーグルトポンチを作った時点で、nの集中力は尽きた。

 

この暑さである。火を使う調理は、暑い。

食欲ばかりか、食事の準備意欲も失せてしまった。

 

それでも妹は

「今年になって初めて食べるよ、冷やし中華。自分じゃ作らないわ~。」

「そのおにぎりも二つ、頂いていいかな?」

「ポテサラダも、もらうね。」

「フルーツポンチ、給食メニューで好きだったんだ。」

(フルーツポンチじゃなくて、ヨーグルトポンチです!)

 

感謝しいしい、すべてお腹に収めていました。

 

その日、午後は子ども達と外出する用事があった。

 

「今から一時間ばかりちょっと出かけるけど、くつろいでてね。」

「分かった。留守番してるね。」

 

一時間後。

「ただいま〜。」とn。

「あれ、お返事ないよ。」「いるかなあ?」「帰っちゃったかなあ?」と子ども達。

 

 

妹、ソファーで寝ていました。

 

 

よく食べる人も、よく眠る。