neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

一人の差は大きい

お家でのおやつの時間、

少しでも大きなおせんべいを、
少しでも形の良いクッキーを、
少しでも多くの味のラムネを、

お兄ちゃん、お姉ちゃんより多く食べること

に心血を注いでいた方は、
弟さん、妹さんではないかと思います。


「早く食べちゃお!」


おやつに限らず、
兄弟の下へいけばいくほど、早食いの傾向は高まります。

早く食べ終わった兄姉に、
自分の分をかすめ取られてしまう危険性もあるため

とりあえず、口の中に押し込んでおく

という防衛反応は、
下の兄弟を、さらに早食いにしているのではないかと思われてなりません。


nの両親は、
5人兄弟の末っ子、8人兄弟の末っ子同士です。


彼らから見ると
小さい頃の妹とnは、ゆっくり優雅に食べていた、らしいです。


いやいや!
食べ物の好みが全カブりな姉妹でしたので

果物、特にメロンがおやつに出ると
火花を散らしていました。


最後に余ったメロンを、どうするか?

―どちらかが独り占めしていました。


勝敗は、三回勝負のじゃんけんで決定。(年齢差が出る、腕、ゆび相撲等は却下されます。)


勝つ気満々のオーラを前面に出した、入魂のじゃんけんは
真剣そのもので


勝った方は、戦利品のおやつを見せびらかしながら、もったいぶって食べ

負けた方は、自分が食べるはずだったおやつが消えゆくさまを、
ギリギリ歯ぎしりをしながら見ていました。


二者間には、まこと容赦のないルールがありました。