読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

お返事しちゃうと・・・次は鬼

長女の習い事のお迎え時

いつものように長女を待っていると

血相を変えて、祖母が走ってきた。

ものすごい速さである。

 

この寒い中、上着を着ていない。

 が、手には次男の上着を持っている。

 

「Kちゃんが、いなくなくなった。」

家の中を探しても、いないのだという。

 

日没後、ほうぼうを探す。

家のそばまで来ると

留守番していた長男が、玄関を開けた。

 

「Kちゃんなら、家にいるよ。」

 

「靴があったから、ぼくは家にいると思ったんだよ。」

祖母より、よっぽど冷静な分析である。

 

祖母、帰宅するなり安心して泣く。

「Kちゃん!

呼んだらちゃんとお返事しなきゃ だめじゃないの!!」

 

 「・・・。???」

 

次男は一人で

かくれんぼ を楽しんでいたようです。