neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

折り入ったお話

おかしい。
どうもおかしいぞ。


「あのぅ…折り入ってお話があるんですけど…。」


なんていう改まった前置きもなく、妻はいきなり本題に入る。


しかもメールで。旦那さんへ突撃だ。


「あの、遅れているんですよね。まだ来てないんですよ…今日で3日遅れです。」


して、いったい何が遅れているのか。


おそばの出前か、ピザの宅配か?

それともネット注文した、日時指定の「家族の青汁」5パックか?


いずれにしても3日の遅れは、やりすぎだろう。


そもそも、何の話なのか。


三児の父である旦那さんは、すぐにピンときたようだ。


旦那さん:「違うと思うよ。じっさい…もう少し待ってみたら?」

n:「3日遅れているという事実に、恐れおののいているんだよ。」

旦那さん:「残業が続いてるから、遅れてるだけだよ。疲れているんじゃない?」

n:「現実を直視できるのは、私だけですね。」



移動中に交わす夫婦のメールは

相変わらず、かみ合わない。