neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

整形外科にて2

昨日からの続きです。

neillot.hatenablog.com

 

 

整形外科奥のリハビリ室へと通されました。

 

見たこともない機械が、ずらり。

リハビリ中のおじ様おば様たちも、ずらり。

和やかムードで、常連患者のようだ。

 

なんだか暑い。

医療機器から発せられる光や磁波などで、暑いのか。

緊張により、暑いのか。

 

額がじんわりしてきた。

 

療法士の方がやってきて、

これから受ける治療の説明を一通りしてくれた。

これから10分間、椅子に座って両膝に温かい光を当てるという。

 

療法士の方がいなくなると

隣にいたおば様が、すみやかに声をかけてきた。

 

「あら、あなたも膝?若いのに…スポーツで?」

「ええ、まあ。軽い運動をしていたら…」

 

「あーら、そうなのね。私も膝なの。

先生にやせろって言われてるけど、膝が痛くっちゃ運動できないのよねぇ。

もう、どうしたらいいのかしらね。ウッフッフッフッフ…。」

 

「なるほど…痛し痒しですね。」

「そーなのよ!ウッフッフッフ…。」

 

本当に困っています、というより

とにかく話がしたそうな雰囲気だったので、今度はこちらから質問してみた。

 

「あのう、この治療で痛みは和らぎますか?」

「そうねぇ…やった後は、少し楽になる気がするわねぇ。

とにかく、温めるといいのよねぇ~。」

 

光照射の後は、

ビリビリする吸盤式の電極を膝にくっ付けて、リハビリは終了した。

 

運動時とは違う種類の汗をかいた。

 

会計で、湿布をもらう。

温湿布、家に帰ったら早速貼ってみよう。

隣で話していたおば様も、温めた方がいいと言っていたっけ。

 

 

「ひやっ!」

 

冷湿布であった。