neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

豚さんのように…

nはトイレに入っていた。

 

ガチャ!

トイレの扉が急に開く。

 

「ねえ。ママって、本当はスパイなの?」

 

色々な意味で

スリリングな展開である。

 

後にも先にも

諜報活動したことなど、ない(笑)。

 

なんと答えようか。。。

 

パターン1:

「えっスパイ?!ママはスパイじゃないよ。Rくんのママだよ。」

 

真面目な母親編。

産業スパイにしろ、国家スパイにしろ、こんなおまぬけなスパイ

どこも雇ってはくれまい…。

 

パターン2:

「フッフッフッ…(無意味に笑い、不敵さを醸し出す)。

バレちゃあ、仕方がない。何を隠そう、本当は会社に行くフリをして、

スパイのひみつ本部からの指令を受け、ごくひミッションをすいこうしているのだ!」

 

なりきり母親編。

こちらもイマイチな切り返しである。

何を言っているのか、5歳児にはチンプンカンプンであろう。

 

それにしても

「スパイ」なんていう言葉、どこから仕入れたのだろうか。

 

…あ。

 

小声で聞いてくる「本当は、スパイなの?」には

こう答えないと、いけなかったのだ。

 

「ぐわっはっはっはっは!

スパイなんてものはなぁ、もっと勤勉なやろうがやるもんさ。」