読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

未来につなぐタイムレター

ランドセル会社の企画「未来につなぐタイムレター」が

このほど、ひょっこり戸棚の奥から出てきました。

 

 長女の小学校関係の書類を整理していた時です。

 

しまった。すっかり忘れていた・・・。

 

長女が小学校へ入学した年に書こうと、一式を取っておいたのに。

日々の忙しさに紛れ、その存在自体を忘れていました。

 

既に2年も経っているではないか。

 

 

—新しいランドセルと共に小学校に上がった日から、ちょうど1000日経った頃

お家へと届く、愛情豊かなタイムレター。

母から子へ、父から子へ、お家の方から、小学校3年生に育った「あの子」へ。

あなたのお子様に対する思いを手紙に託して、私たちに送って下さい。

入学でもない、卒業でもない、ちょうど真中に届く、時を超えたラブレター。

 

 

愛と夢あふれる企画も、母親のたんなる失念によって台無しである。

 

長女は、すでに3年生。

タイムレターが届くはずだったのに

2年前に書くのを忘れたために、この通りでございます。

 

—ランドセル作りの◯◯は、未来へつなぐタイムレターを通じ、あなたとお子様との

心の架け橋となることをお祈りします。

 

心の架け橋、架からず。

 

今からでも間に合うのかなあ。。。

今年書いたら

届く頃は、長女が小学校5年生になっています。

 

この企画は、“小学生のちょうど真中に届く”、というところがポイントなのに

 

思いっきり、外している。