読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

肝心の裁判官への印象は…?

毎朝、裁判所の前を通って出社します。

 

裁判所前では

晴れの日も、雨の日も、気候や季節や時間帯に関係なく

訴えを続ける活動をしている方々がいらっしゃいます。

 

ごく普通にマイクを持って演説している方。

普通型。

鳴りものや楽器を持って演説している(というより歌っている)方。

楽団型。

 

先日の午後は

念じ唱えている方を見かけました。

 

紫色の法衣を羽織り、お経をあげるように

訴えを念じる男性。

 

蛇腹に折りたたまれた和紙には

格調高い筆書きによる訴状が、しためられているのでしょう。

 

もしかしたら木魚もあったかも知れません。

 

朗々と詠む、お経。

ではなかった、訴状。

 

一通行人には、インパクト大でした。