読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

時差がありすぎる

現在習っているわけでも、過去に習っていたこともないベリーダンス

あでやかな雰囲気からいっても、自分とは
全く関係が無い。


真逆のnに訪れた、この間の不可解な夢。
その夢の着想はいったい何処から得たのか、ずっと引っ掛かっていた。


思い出した。


昨夏のことである。
複合施設の広場で、たまたまダンスフェスティバルを見た。
そこで、ベリーダンスを見たのだった。

吹き抜けの3階から、見下ろす形で。

ダンサーたちがくるくると回ると、ぱぁっと
スカートの裾が広がる。
まるで、カラフルな傘のよう。

だんだんと回転が速くなると

鮮やかなスカートの花模様は
一つの色となり、一つの線を作る。


妖艶な魅力に満ちたダンスも、

「目が回らないのかな。」という
素朴な疑問で、かき消される。

それほどまでに、高速回転だった。


「次は同じフロアで、真正面から見てみたい。」


ささやかなこの希望は、

謎の査定価格8万、を伴って
へんな方向で叶えられた。


8ヶ月後の夢の中で。