neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

不審者情報2

先週末、長男次男を連れて、
地元の児童館へ行った。

夕方だったので空いていた。
先客は、生後7〜8か月くらいの赤ちゃんと
そのお母さんのみ。

私たちが着くと、赤ちゃんがもこもこ
こちらへ近づいてきた。

「かわいいな~。」
お母さんに話しかけるかのような、独り言を
ごにょごにょ言うn。

「こっちへおいで〜。」

我慢できなかったn、
「抱っこしてもいいですか?」
質問しながら、もう手を伸ばしている。

そのお母さん、快く「どうぞ」と言って
下さる。

0歳の赤ちゃんを抱っこする…
この久しぶりな感覚に
思わずニヤニヤしてしまいました。


さらに明日へ続く。