neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

のし袋と昔話4/5

ご婦人が帰られてから数分後。


旦那さんは

ハトよりは大きい、あまり見かけない形の鳥が
窓を横切ったような気がした。

旦那さんのデスクは、窓に向かって置かれている。

 

念のため外へ出てみると、カラスのカアカアという激しい鳴き声が聞こえた。
カラスの声は、会社裏の個人宅の庭からであった。


庭を見ると、カラスが二羽

羽をバタバタさせながら

交互に牽制しつつ、何かを突いて攻撃していた。

 

その何か、は

逃げたオウムだと直感的に悟った。

 

 

旦那さんは

庭にずんずん立ち入り(個人宅)、

すぐにご婦人に連絡をした。

 

 

人の気配と声に気づいて、カラスは追い払う前に飛んでいった。

人に慣れているその鳥は、旦那さんが近づいても

その場に留まっていた。