neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

葬儀では、鼻腔空間にご注意あれ

真夏と真冬に多いもの―

お葬式である。


このほどnの母の伯母さんが亡くなった。
94歳であった。


伯母さんに可愛がってもらった母は
葬儀で泣きっぱなしだったという。


nの母「結婚式と違って、お葬式は親族同士の挨拶紹介の場なんて無いけど
目立ってたと思うな、ワタシ。」

n「どのように目立ってたの?」


nの母「泣きすぎて。
見かねて○○おじちゃん(母の兄)が、ティッシュくれてさ。一人で号泣してたわ。」

n「韓国では、お葬式に泣き役の女性がいると聞いたけど、それ、できるね。」


nの母「できる自信ある。

むこうの親戚の方々は、上品に、こうね、白いハンカチで涙を押さえて
しくしく泣いてたんだけど、ワタシはね…」

n「人それぞれ
悲しみを感じるセンサーも、それをおもてに表す度合いも違うから、いいんじゃないかな。」


nの母「ひとしきり泣いた後、ブタ鼻になった。」

n「えっ?」


nの母「うっうっうっ…(嗚咽)…フガッ!みたいな。」


しめやかに執り行われた収骨の儀で
母のブタ鼻が、場内に響き渡る。


nの母「息をぜんぶ吐ききってからの…フガッ!だからね。」

n「くっくっく・・・(声にならない笑い)」


nの母「その時は、誰も笑ってなかったんだよね。」



… 葬儀中やから。