neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

先輩のご決断2/2

nに退職の告白をした翌々日

先輩は

近しい同僚2名を誘い、ランチに行った。nも付いていく。

 

お食事の中盤、先輩は切り出した。

 「実はさ…みんなに話したいことがあるんだ…。

 

私…この会社を辞めることになったの。」

 

 

同僚2名は、ショックを受けて固まってしまった。

 

悲しそうな面持ちで

先輩の話に耳を傾けているうちに、だんだんとうつむき加減になってきた。

 

一人が呟くように口を開く。

 

「先輩なしで、これからどうしたら良いんだろう…。」

 

「話したいことがある、って聞いて何か嫌な予感がしたんですよね…。

 

そっかぁ… 転職かぁ…。」

 

二日前にnが受けたの同じ衝撃と悲しみを、ただ今

2名の同僚が耐えている。。。

 

そんな同僚の様子を傍らで見るのも、また寂しかった。

 

 

四人の間に漂う一種気まずい雰囲気を打破しようと

先輩がnにジョークを言う。

 

「あれぇ?nちゃん。そんなにお料理残してどうしたの?

(私が辞めるという知らせを受けて)ショックで食欲がわかないとか?

私のためにぃっ!」

 

 

n、ジョークには応えず、真面目に答える。 

 

「いいえ。

単に鼻が詰まっていてお腹がいっぱいになってしまっただけです。」

 

 

鼻が詰まったからといって

お腹は、いっぱいにはならない。

 

このおかしな論理展開に、突っ込む人はいなかった。