neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

どこへ飛ぶのか

とっておきの質問がある。

 

「もし非常に困難な、どうしょうもない状態に陥った時に、真っ先に

誰の顔が思い浮かぶ?」

 

深い話を重ねてきた親しい人にしか、聞いたことがない。

今まで4人に聞いた。

 

4人とも揃って「母親の顔」と答えた。

nもやさしく微笑む母(あくまでイメージ)の顔、が思い浮かぶ。

 

この質問を、お付き合いしていた頃の旦那さんにも

聞いてみたことがある。

 

「う~ん、、、。誰の顔も思い浮かばないなぁ。」

 

 

強がってそう答えたんじゃ?とは友人の意見、

「彼女の前では、カッコつけたいという心理が働いてるんだよ。」

 

カッコつけの対象がnでは、その効果も

あらぬ方向へと滑っていく。

 

心の拠り所となる人物が、いないってこと…?

母親や父親、祖父母、叔父叔母、またはそれに準ずる大人の保護者ではない…

 

となると、彼は

いったい誰に

精神の安定を求めて、大きくなったんだろう…?

 

 

実際のところは、

彼女からの突飛な質問にいちいち答えるのが億劫で

 

適当にあしらった

 

が妥当な線であろう。

 

時として女性の話は

この先どこへ飛んでいくのか分からない、危うさがある。 

特に

彼女がリラックスしている時、寝そべりながら「○○くんってさ...」から始める話。