neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

一年前を振り返る(長男バージョン)

長男へ宛てた手紙をいま一度読み返してみた。

当時の様子や空気がよみがえってくるかと思いきや、

全く思い出せなかった。

 

毎日の時間のやりくりに忙殺されて、記憶が飛んでしまっている。

 

 

この手紙

もちろん、本人には渡してない。

当時はまだ字が読めないし、もらってもあまり嬉しくないお年頃だから。

それは6歳の現在も同じである。


 

この手紙を本人に渡す時は、この先あるのだろうか。

nの今わの際に、送ろうか。

 

 

長い長い時を経れば、なんの変哲もない誕生日の手紙でも

 

感慨深いものに変わるだろう。