neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

正しく数えられなかったことの、余波

30年以上ずっと親しくしている友人がいる。
親友ではなく、心友 と呼び合う仲である。


心友は現在、妊娠9ヶ月である。
不妊治療を続けていたので、待望の赤ちゃんである。


先月の連休に旦那さんの実家へ帰省した時、地元の神社で
安産祈願の御守りを買った。

そして心友に送った。


今までは、年賀状や暑中見舞い等々だけのやり取りが中心だったが、
メールでのやり取りが加わった。

心友は
妊婦検診をnの自宅付近の病院で受けているという。
ちなみに、nもその病院で長男を出産した。


出産前に会えないかな?という流れになる。

心友「病院地下にカフェテラスがあるよね。検診後あそこでランチしようか!」

n「いいね。一度行ってみたかった。」

心友「早速日にち決めよう。産休に入ってからは(妊婦健診を)主に平日に行ってるんだけど、
nちゃんは土曜がいいよね。」

n「大丈夫。有給がまだ残ってるから、平日にはせ参じられるよ。」

心友「えー嬉しいな。nちゃん有給取って来てくれるのね。」



この会話は
有給を超過して取得してますよ、という総務からの指摘の前に
交わされたものです。



nの会社では、次年の有給は7月1日から支給されます。

すでにマイナス2日なので、これ以上の休みは取れません。



彼女の出産予定日は6月30日。

…思わぬところにも、うっかりミスの余波が!