neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

変化2

妹に「友人の結婚式の写真を見て、本人だと分からなかった。」
という
己の認識力の無さを話した。


こちらで、その友人について触れています。
neillot.hatenablog.com



妹は、違う視点を持っている。

とかく子供関連のこととなると、客観的に判断が下せなくなる母親に
鋭い考察を投げかけ、ズバリな指摘をする。


そんな妹によると

nの認識力が無いというより、
子供を持つと女性は母になるから、別人に見えたのだ、とのこと。


「全体的に娘っぽい感じが無くなるのだよ。
お姉さん味が抜けるのね。」
(お姉さんみ と読まれたい。お姉さんあじ ではない。)


数回の出産と、現在進行中の育児その他もろもろによって
そのお姉さん味 とやらが完全消滅したn、
さっそく家で実践してみる。


妹の指摘が当たっているかの検証である。


子供たちに、
nの結婚式の写真を見せた。


子供は遠慮会釈がないだけに、正直な感想を漏らす。

長女「このエルサみたいな人は…?」
長男「ママ?」
次男「…。」

長女「この(写真の)時の髪型がいいよ。くるくるでお姫様みたい。この時のがいい!」


「俺も、この時がいい!」


ここに
子供みたいなことを言う大人が1名!