読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

テイル氏

通勤途中に、時々マンウォッチングをしている。

「人間行動学」といった高尚なことではなく、

この人は注目すべき人物だと、勝手にnが決めつけた人を

注視しているだけのことである。

 

現在のターゲットは3名。注視期間の長い順に並べる。 

 

テイル氏。

福助さん。

そして松川せいせい。

 

いずれもnが心の中で付けたお名前であるので、ご本人は絶対に知らない。

第一、nの存在すら気付いていない。

 

今回は、テイル氏について取り上げてみたい。

  

以前、ヘアドネーションについて書きましたが

neillot.hatenablog.com

 

健康な状態で、髪を長く、しかも早く伸ばすにはどうしたらいいか

と考えていた時のこと。

 

きりりと結んだポニーテールが印象的な方を通勤路で見かけた。

テイル氏と名付ける。

 

テイル氏は

会社の最寄り駅付近で、見かける。

 

大通りの交差点で信号待ちをしている時に、どこからともなく合流してくる。

決まって横断歩道の手前で、先頭に立つ。

 

氏に会った朝は、必ず彼の後頭部を眺めることとなる。

 

「今日も美しい黒髪ですね。つややかですね。」

 

ばりっと決まったテイル氏のポニーテールは、

 

男たるもの、ヘアワックスでぴっちりと撫で付けて結ぶべし、

 

という長髪男性の心得を示しているかのようだ。

 

ふわゆるを目指す、女性のポニーテールとは違い、

男性の目指すべきポニーテール(オフィス編)は、間違ってもルーズ感は出さない。

 

テイル氏の髪のようにツヤがありつつ、この位の長さが欲しい…。

 

nは氏の後ろ姿しか、知らない。