読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

刹那的な方たち

先週末、かめのじょうとお別れをしました。


n以外、もはや誰もお世話をしないので

nの仕事が立て込んだり、
残業が続くと
亀の世話までは手が回らなくなってしまいます。

今は半冬眠していますが
これからさらに暖かくなってくると…。


4月は別れの季節、ということで
池に放つことに決めました。


昨夏に、甲羅干しをしているクサガメを数匹見つけた池に
行って来ました。


「池の鯉にエサをやらないで下さい」という立看板はあったが、
「池に亀を放たないで下さい」とは書いておらず。

大丈夫だろう。。。


落ち葉や藻もたっぷりある。
亀が登れる岩もある。
噴水がある、ということは水も循環しているのであろう。


水辺に
かめのじょうをそおっと置きました。

「かめのじょう、新しい住まいだよ。」
「かめのじょう、元気でね。」

子供たちは、別れを惜しんでいました。

長女は、
かめのじょうが水に潜るまで
ずっと岸辺にいました。


ちょっと感傷的になる。
池に放つなんて、自分の判断は間違っていたのだろうか。


その後は
そばの公園で遊びました。


帰路「かめのじょうは、新しい池になじんだかな?」
と聞くと、

ぽかーんとするキッズ三人。


公園での遊びが楽しすぎて
かめのじょうとお別れしたことは、すっかり忘れてしまったようです。


自分の判断で良かったのだ、と確信。