読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

男装の怪人?

オフィス

先輩と交代で、各自ウォーキングにいそしんでいる。


運動の時間帯は
先輩もnも、出勤前の早朝である。

日の出前に家を出発し、日が昇る頃帰宅する。


ウォーキング中は、
月や星が出ています。街灯もついています。

ですので、こんな会話が交わされます。

n:「裏通りは、ちょっと怖いですよね。」
先輩:「ウン。一人では歩きたくないよね。だから私は大通り沿いを歩くことにしているよ。」

n:「私も。早朝だから車も通っておらず、排気ガスも気にならないですよね。」

先輩:「ところでウォーキング中、音楽って聴いてる?」

n:「聴いてない。背後の気配が分からなくなるから。」

先輩:「私も同じよ。ヘッドフォンしてたら、怪しい人物の接近に気付けないもんね。」


先輩とは、気が合う。調子に乗るn。


n:「それに私、男物のトレーニングウェア着てる。」

先輩:「えっ?なんで??」

n:「人気がない道では、女性は狙われやすいので、屈強な男に見えそうなデザインのやつを。」




・・・被害妄想も甚だしい。