読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

乙女心とまかぬ種は生えぬ

「昨日は何もなかったね。」

 

「顧問がケーキを差し入れてくれるかな、なんて密かに期待してたけど。」(顧問のOさんは、美味しいケーキを時々差し入れて下さいます。)

 

「お歳暮も食べつくしちゃったし、お菓子が寂しい時期だよね、今。」

 

昨日のホワイトデー。

 

一か月前

私たちは、お返しが大変だからという理由で、代々続いたバレンタインデーを廃止した。

 

一か月後

お菓子が何にもなくて寂しい、と嘆いている。

 

矛盾するわが社の乙女たち。。。

(乙女 に相当むりがあるが、矛盾しているから自分も含む。)

 

恒例のバレンタインデー企画を自然消滅させた私たちへの

当然の帰結であります。

 

「まかぬ種は、生えぬ」のですね。