neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

はくいの町

ネットで絵本を注文した。

新しさにこだわりは無いので、中古本を頼んだ。


「ブック◯ート羽咋店より、本日発送致します」


羽咋
漢字、とくに地名の読み方は、難しい。


「はくい」と読むことを知っていた自分は、
どこかでこの地名を知っていた。

北陸地方の駅名にもあり
能登半島へ向かう途中の、分かれ道の駅。


ずっと昔に読んだ
松本清張の小説に出てきた地名であった。


当時は
いったいどんな場所なのだろうと
あれこれ想像しながら読み進めた。

現在は
画像検索すれば、一発で明らかになる。


手軽さと便利さの代償に、
私たちは何かを失っているのかも知れない。