読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

あるでしょう~ の正体

家族

長男によるシャンソン、“あるでしょ~う”の詳細を聞いてみた。

映画の挿入歌で
さくらんぼの実る頃、という題名でした。


調べると
かの地では、子どものための童謡だそう。

「童謡」と知り
三児の母であるn、母親魂が燃えました。


歌詞を覚える。そして歌う。


長女「ジーナさんだ!」
次男「うーっ。ジーナ!!」

長男の反応はというと、
やっぱり
「あるでしょ~う」をかぶせてきました(笑)。



ついさっきしたこともすぐに忘れるnですが、
メロディーにのせて歌うと
いつまでも忘れません。


また
小さい頃に慣れ親しんだ歌は、忘れることがないようです。

たとえ何十年も昔に覚えたものでも…。

数十年来、思い出すことすらなかった歌が、
ふと口をついて出てきます。


とっても不思議です。


「歌はタイムマシン」


子育てをしていて気付いた、嬉しい発見です。