neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

ひなまつりのお人形

nの勤める会社のエントランスは、

とても素敵です。

 

このビルのオーナーさんが、

季節ごとに

お花や、オブジェ、絵画やポスターなどを飾ってくれます。

 

今朝は、ミニお雛様が登場していました。

 

エレベーターで同僚に会い、ちょいと小話。

n:「お雛様かぁ。ところで実家のお雛様ってどうなってる?」

同僚:「いやーっ、もう無いかな。私がこっちへ出てくる時に処分されちゃったと思います。」

n:「一人娘なのにぃ。」

 

同僚:「確か、人形の顔が割れたとか。」

n:「えっ?!」

同僚:「うちのは、顔が命 のお雛様だったので、これにて命尽きたので処分したよ、って母親がメールで言ってたような。」

 n:「かなり不吉な感じが…。」

 

n自身のお雛様は、

どうなっているのだろう・・・。

 

独立して娘が出て行った後の実家では、

その娘が

小さかった頃を懐かしみながら

 

お雛様が

天袋の中で、ひっそりと

さびしく眠っている。