読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

優しいまなざし

保育園

K先生。
長男のクラス担任です。


毎日
先生と保護者との間を行き交う、
連絡帳があります。


息子たちの通う保育園では「視診表」と呼ばれています。
子供の様子や病気の経過を伝えることが
メインですが

病気でもなく、体調も悪くなく、
特に伝えるべきことがない場合は

我が家でのとほほなエピソードを披露したり、
子供とは全く関係のない日常の感想を綴ったりしています。


保育園生活も8年目となると
もはや、交換日記のような様相を呈しつつあります。

先生方は、そんなnに
毎回お付き合い下さっている訳ですが


K先生からのコメントは、一味違います。


視点がやさしい。

子供が出来るようになったこと、
新しく覚えたこと、
新しく学んだこと、

やさしい視点から示してくださる。

親も見落としてしまいそうな
小さなことです。


その小さな小さな成長の積み重ねの先に、
大きな飛躍がある、という
先の見通しも、示してくださいます。


時には
ベテラン保育士からの、
人生の先輩からの、
先輩母親からの、

「やさしい励まし」をそっと添えて、返してくださる。


子供たちを やさしく見守っている。

未熟な母親をも あたたかく見守っている。