読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

誇大妄想

家族

先日の鳩の死骸事件は

速やかに管理人さんに連絡して、無事収束した。

しかし夫婦間では、

鳩の死骸にまつわる推理で白熱していた。

 

―犯人の人物像とは?

旦那さん(以下Dと略します):「猫であろう。辺りに散らばっている羽から推察するに、

あそこで鳩と猫が争った。現場は、このマンションの廊下だ。」

 

n:「名推理。猫や犬なら、急所を突いた攻撃も納得できる。しかし、胸に空いた直径4~5㎝の丸い穴は、犬猫にはあけられまい。」

 

―犯行時刻はいつ頃か?

D:「昨夜2時には、廊下には無かった。」

n:「管理人さんが、ごみ箱を道路わきにまとめてくれるのが、毎朝7頃。

nが鳩を発見したのは、8時ちょっと前。」

 D:「ということは、朝の一時間以内の犯行か…。」

 

n:「動物同士が争っていたなら、犬猫の鳴き声が聞こえそうなものだが?」

 D:「聞こえなかった。となると、何者かが置いていった…か…。」

 

n:「誰かが脅しのために置いた、というマフィア陰謀説は?」

D:「妄想の仮説にすぎない。辺りに散らばった羽の説明がつかない。

脅しで置いたなら、羽を散りばめる必要はない。」

 

 n:「ぎゃふん。」

 

論破されました。