読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

黄昏泣き

家族

ーだんだんと日が傾きかけた頃

赤ちゃんが理由もなく泣いてしまうことを「黄昏泣き」と言います。

 

nの母は、nが10歳の時に仕事を再開しました。

子供たちだけで留守番ができるし、

複雑なことでも大体の指示は通るし、

ある程度の家事も、やってくれる。

家を空けても大丈夫、そんな目安が10歳だったのでしょう。

 

今はぼんやりとしか覚えていませんが、

母が用意してくれた夕飯を食べ、お風呂に入り、寝る、

までをやっていたと思います。

 

夕方から仕事に出る母。

お見送りの玄関で、当時小学2年生だった妹は

「ママー行かないでー!」と言って、泣いていました。

寝る前には「ママがいなくてさびしい…」と泣きだすこともありました。

 

nだって、黄昏泣いていました。

表立っては見えない、心の中で・・・。