読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

有声のお仕事 と 無声のお仕事

幼稚園の先生である知り合いがいます。

 

先日お会いすると、

「声が出ないので・・・」と、声にならない声を漏らしていました。

 

「だ、大丈夫ですか?!のど風邪ですか?!」

と驚いてたずねると(声の出ない人に、この質問は酷でした)

 

「運動会の練習で、声をからしてしまって…。」

 

口の開き方と声のようなため息から、そのように理解しました。

 

彼女の受け持ちクラスは、年長組。

幼稚園最後の運動会ということで、

指導にも熱が入ります。

 

園児も多くて、園庭も広いのでしょう。

教えなければならないお遊戯が、たくさんあるのでしょう。

 拡声器の調子も、悪かったのでしょう。

 

自分の健康管理が行き届かず、声が

かすれたことはありますが

仕事で声をからしたことは、ありません。

 

nのお仕事は、

ほぼ無声でも勤まるからです。