読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

決まらない、決めゼリフ

先の連休で、実家に帰省した同僚がいます。

neillot(以下、nと略します)は、普段より疑問に思っていたことを

同僚にぶつけてみました。

 

n:「なんで東京弁なんですか?ご実家では兵庫弁ですよね。会社でも話して欲しいです〜。」

 

同僚:「いや〜。関西弁はちょっとくだけているので、会社では使えないかと。」

 

n:「社内に関西出身の人が他にもいたら、話しやすいのかもね。あ、いるじゃないか、社長さん!」

 

同僚:「む、無理です(笑)もともと方言があまり強くないんで。」

 

n:「関東圏からの転勤族が多い地域で育ったとか?」

 

同僚:「違うんですよね〜地元民の多い所です。でも、なんでやろ…。」

 

n:「二ヶ国語話せるみたいで、うらやましいですよ。」

 

同僚:「そうですかね。会社付近で、関西弁を使っているビジネスマンを時々見かけますが、すごいなーって思います。」

 

n:「いいじゃないの。自分の地域の言葉を、押し通して欲しい。」

 

同僚:「なんでですか(笑)?」

 

n:「東京弁は面白みがありまへん。」

 

nではイマイチ決まらない。