読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

流れに流れる。

その日、妹と二人で 昨年末の忘年会から延びに延びた新年会をやる予定でした。 n、約束の時間をうっかり寝過ごしてしまいました。 気付いたのは、翌朝…。 ひたすら謝りました。 「かなり疲れてるんだね…。」 妹との約束において やっちまった!的な寝過ごし…

あるでしょう~ の正体

長男によるシャンソン、“あるでしょ~う”の詳細を聞いてみた。映画の挿入歌で さくらんぼの実る頃、という題名でした。 調べると かの地では、子どものための童謡だそう。「童謡」と知り 三児の母であるn、母親魂が燃えました。 歌詞を覚える。そして歌う。…

聞こえた通りに

長男がお絵かきをしながら 調子良くはなうたを歌っている。「あるでしょ~う、あるでしょ~う、 あるでしょ~ぉ、あるでしょ~お~ぉ~。」なんとなく悲哀ただようメロディーは、 子供のための歌、ではなさそうだ。 「何の歌?空港でかかってた曲?」長男は…

高コスパ

先月末から おひなさま横にお供えしてある、ひなあられを 狙っていた次男。「3月3日になったら食べようね。」 「…。」 カレンダーを見せても、いまいちピンと来ず。 3歳では 先の見通しを持って楽しみに待つ、は年齢的にまだ難しい。 おひなさまを指差し…

失敗から導き出された結論

昨日、半合分足らない水でお米を炊いてしまいました。 neillot.hatenablog.com 失敗お米をどう調理したか。つまり、どうごまかしたか。 第一弾。 ミートソースドリアにしてみた。 …家族の誰も気づかない。美味しいと言っている…。 第二弾。 弾みがついたので…

ひねり よりも いさぎよさ

昨年末、水を入れないで お米を炊いてしまったことがあります。 neillot.hatenablog.com その日以来、 炊飯器の蓋を開ける瞬間、緊張が走ります。今日は、ちゃんと炊けているか。 その日も、 ビクビクしながら炊飯器の蓋を開けた。もわっとした湯気が立ちの…

念じが通ず?

元気いっぱいの長女(学級閉鎖中)と高熱でぐったりの次男を 先週は家でみていました。 長女が 次男の飲み残しのコップに手を伸ばす。「うゎあっ!うつっちゃう!」 止めてから気付く。 長女が元々の感染源だった。 うつされると言うより、うつした張本人で…

元気になってから、やってください。

先週末より長女がインフルエンザにかかった。早めに薬を飲んだことが効いたのか、 今年は予防接種もしていないのに 熱は37度半をうろうろし、それ以上は上がらなかった。 園児とは違い体力があるため、インフルエンザでも家の中を動く。食欲も 熱のわりに…

同音異義語

「はっか、ってなに?」子供の質問は、いつだって唐突である。「はっか?はっかは、すうすうする葉っぱだよ。ミントね。 ほら、大人の歯磨き粉にも入ってるやつよ。」 「…。はっか、ってなに?」 長男が同じ質問を繰り返す時は 答えが違う、という意味だ。 …

そういうことか!

長男「ママって本当は、スパイなの?」のフレーズが気に入って、 くり返し質問してきては、ゲラゲラ笑っている。 彼の期待するセリフを、nが返すからである。 そこに思い詰めた様子で、 長女が加わる。 「私は…パパがスパイだと思う。」 「どうして?」 「…

豚さんのように…

nはトイレに入っていた。 ガチャ! トイレの扉が急に開く。 「ねえ。ママって、本当はスパイなの?」 色々な意味で スリリングな展開である。 後にも先にも 諜報活動したことなど、ない(笑)。 なんと答えようか。。。 パターン1: 「えっスパイ?!ママ…

歴史は繰り返す2

よくよく考えたら、 三年前は次男を妊娠中でした。ということは nも相当、ぽんぽこお腹だった訳です。 お風呂の度に ママのお腹大きいねー。丸いねー。 と、長女(当時、5歳)が言ってくるので「中に赤ちゃんがいるんだよ。だから、ぽんぽこお腹なんだよ。…

歴史は繰り返す

昨朝のお着替え時。赤ちゃんだなぁという意味を込めて、長男が 次男に向かって言った。 「Kちゃんは、ぽんぽこお腹だよなぁ。」 もはや赤ちゃんではないと 自分では 思っている次男、赤ちゃん扱いされて、気分を悪くした模様。 「へっこむよてい!」と威勢…

鬼がやってくる

長男は、節分を極端に恐れている。汗をだらだらかいている時期から、 心配していた。「二月は、いつ?」 なぜなら 節分豆まき集会で 保育園にやってくる鬼が恐いからである。 因みに長女も当時、この集会を恐れていた。 暴れまわる鬼が怖くて 泣いたそうな。…

らびりんす

旦那さんに、 余裕がないことからくる様々なお悩み を相談してみた。 「好きなことを、やったらいいよ。」 nは、平凡なサラリーマンだ。 自分の代わりなんて、ごまんといる。nは、母親だ。 凡庸だが、代替は不可能だ。 今まで 大事な何か を 取りこぼしてき…

8:00 pmに考える。オフィスにて考える。

「ままーこれ読んで。」帰宅して、コートを脱ぐ暇もなく 調理をしている時に。 「まま~こっち来て。ほら太鼓!」次男の昼寝の寝かしつけの最中、 自分もウトウトしかけた時に。 「ままーここにプリンセスの絵描いて。」トイレに入りながらの掃除が 盛り上が…

妄想CM

「鎮魂みそうどん」(けんちん味噌うどん) 「ちゃーしぶ」(茶しぶ)等々の オリジナル単語を、かずかず披露してきた長男。 今回は、カタカナ語を言い間違える。 彼にとっては毎回初めて聞く言葉なので、正しくは 聞き間違え、である。 「この絵をコティー…

父と息子

旦那さんは、 長男には要求が高く、長女には甘い。 そんな旦那さんから見たnは 長女には要求が高く、長男には甘い、と映っているようです。 父親は息子に厳しく、母親は娘に厳しい。 どうしてか? 「異性だから」 という究極な理由は、よく聞きます。 nは…

栄養の届き先

「仕事が忙しくなると、家事は滞る」 やらねばならぬ雑事は たいがい見なかったことにするnですが、こんな時でも 食事の準備だけはサボりたくない、 と心に決めています。 深夜にせっせと 明日の昼ごはんと、夜ごはんの下準備をします。 ついでに朝食の下ご…

繰り返すと、嘘くさい

先週末、 長女と昼ごはんの準備をしていた時。おもむろに 長女が、旦那さんに聞く。 「パパ。今日はお昼、食べてくの?」「え、食べていくも何も、今日は家にいるよ?」 動揺を隠しきれなかった旦那さん、 語尾がうわずっていました。「そう…いちおう聞いて…

揺れる はざ間

休日、旦那さんが仕事に出る時 次男が声援を送っていました。「また来てね~!今度は、泊まりに来てね~!」玄関を開けて 廊下に響き渡るような、大声で…。 私たち、生計を共にする同居の夫婦なんですが。 3歳の次男にとっては どきどき家に現れる親しげな…

収まりがよい

お義母さま、M子さん。年末年始も、M子リゾートで過ごしました。 旦那さんの実家は 心のオアシスでありまして、 「M子リゾート」と命名しております。今回の滞在も 夢のようなひとときでございました。以外、リゾートでの一コマです。 お風呂前に 子供たちと…

カブらない好み

生洋菓子の消費期限は、買ったその日 までである。 クリスマスにホールケーキを買われた方、 一日で食べ切りましたでしょうか…。 賢い皆さんは、始めから 完食できるサイズのケーキを買われていることでしょう。 長女とnは、アンチ甘党です。ケーキを食べて…

保育の12禁

子ども達みんなが楽しみに待っている、 クリスマス。プレゼントは、なんだろう? サンタさんは、なにを持ってきてくれるかな! このウキウキ感に、 水を指すようなパパママからの一言。 「よい子にしていないと、サンタさん来ないよ~。」 クリスマス脅迫で…

10倍もなにも・・・

次男は、ようやく 一人で身の回りのことをやり始めるようになってきた。 今日も靴が左右反対である。 長女:「Kちゃん、靴が反対だよ。」 次男:「えっ?」 長女:「右と左が逆だよ。気持ち悪くないの?」 次男:「だいじょーぶ!」 特に「足がヘン!」と訴…

誇大妄想の顛末

心臓を撃ち抜かて死んでいた鳩を ”マフィア復讐劇の序章”と非常に恐れていたnですが、 neillot.hatenablog.com このほど犯人が分かった。 「カラス」 先日管理人さんと話す機会があった。 鳩事件のことを尋ねてみると 「あれはカラスですね~。最近ここら辺…

武士道精神と野生の勘

先日の次男失踪事件は、祖母のたんなる早とちりだった というオチで終わりました。 「もしKちゃんに何かあったら、死んでお詫びしなければと思ったよぉ。」 誰も祖母の自死など、望んでいない。 祖母には、 武士道精神が根底に流れている。 次男がいなくな…

お返事しちゃうと・・・次は鬼

長女の習い事のお迎え時 いつものように長女を待っていると血相を変えて、祖母が走ってきた。ものすごい速さである。 この寒い中、上着を着ていない。 が、手には次男の上着を持っている。 「Kちゃんが、いなくなくなった。」 家の中を探しても、いないのだ…

誇大妄想

先日の鳩の死骸事件は 速やかに管理人さんに連絡して、無事収束した。 しかし夫婦間では、 鳩の死骸にまつわる推理で白熱していた。 ―犯人の人物像とは? 旦那さん(以下Dと略します):「猫であろう。辺りに散らばっている羽から推察するに、 あそこで鳩と…

被害妄想

昨朝 玄関を開けたら、白いものが舞っていた。 雪?ちがう。羽だ。白い羽は、辺り一面に散らばっている。視線を右にずらすと、鳩がいた。 仰向けになって、冷たくなっていた。 殺めたのは猫か、犬か? 猫ならば、 重たすぎて戦利品を持ち帰れなかったのか。 …

リア囚

長男クラスでの クリスマス会開催に向けて、ママたちの準備も大詰めです。 みなさんの話題からワンテンポずれているn、 LINEでもメールでも 返信は遅い。発言も少なめ。 ちなみに。 リアルライフが、充実しているわけではありません。 リアルライフに、いっ…

根性論では語れまい

長男のクラスでは、毎年 有志によるクリスマス会を開いています。長女の代から幹事のnは (その手腕はさておき) 長男のクラスでも、幹事役の一員です。 幹事のママたちは、LINEで連絡を取り合います。 皆さん、日中は会社で働き 土日は家の雑事を片付けて…

30年のちの挑戦

長女が倒立の練習を始めました。コツコツと続けることよりも、 気分が盛り上がった時に 勢いと雰囲気で成し遂げる方が、 得意な彼女。nも長女の歳の頃、倒立の練習をしました。 寝る前に毎晩。どすん、どすんと。 襖に脚をぶつけ、脚を顔面にぶつけ、顔面を…

引き締まる気

「のぼり棒って、しょうぼうしょにもあるね。おじちゃん達もあそぶの?」 秋の消防訓練を見に行った長男からの質問である。 のぼり棒… あぁ、出動の時にしゅーっと滑り降りる棒のことか。 消防署にある、滑り降り棒?は 30年ほど前から既に廃止されている…

緩む気

旦那さんの試験が、先月に終わりました。 昨年、学科試験はパスしたものの 実技科目を落としてしまったので、二度目のチャレンジでした。 本人はほっとしたのか、翌日体調を崩しました。 nも毎週の休日は、ひたすら眠りました。 休みの日に旦那さんがいると…

不審者情報3

『発生日時と場所』 10月6日16時頃 某児童館内『犯人の特徴』 30~40代くらいの女性。身長は170㎝くらい、黄色っぽいカーディガンにジーパン。『事件の内容』 母親と遊びに来ていた乳児に「かわいいね。」と ニヤニヤしながら近づいてきて 「抱…

不審者情報2

先週末、長男次男を連れて、 地元の児童館へ行った。夕方だったので空いていた。 先客は、生後7〜8か月くらいの赤ちゃんと そのお母さんのみ。私たちが着くと、赤ちゃんがもこもこ こちらへ近づいてきた。「かわいいな~。」 お母さんに話しかけるかのよう…

不審者情報

役所の保育サービス課から 保護者のケータイに届けられる 「不審者情報」。 発生日時と、発生場所、犯人の特徴、事件の内容、などが送られてきます。 例えばこんな感じ。 『発生日時と場所』 何月何日14時ごろ ◯◯公園内 『犯人の特徴』 50歳くらいの男性、身…

ハロウィーンにパイを焼いたところ

父からもらった坊っちゃんカボチャを使い、カボチャパイを焼いた。 参考にしたレシピも無く、 即興と思いつきで作るお菓子は 作り慣れていない限り、たいがい失敗するn。 焼いている間、子ども達を連れて外出した。 家に戻り、玄関を開けると「いいにおい!…

お芋のママ

先日行った遠足で、りっぱなお芋を掘ってきた長男。 病み上がりだったけれど、行かせてよかった。 満足そうな表情で帰ってきた。 「このお芋で、なんのお料理にしよう?」子ども達に聞く。 「大学芋がいいな。」 「お芋の天ぷら!」 「お芋のサラダ!」 …は…

黄昏泣き2

(昨日の続きです) 心の中の黄昏泣き、は気付かれにくい。 neillot.hatenablog.com ある晩のこと。 仕事を終えた母が帰ってきたタイミングで 目が覚めてしまったn。 「あれ?まだ起きてたの?」 「うん・・・。」 「じぁ、寝られるまでそばにいてあげるね…

黄昏泣き

ーだんだんと日が傾きかけた頃 赤ちゃんが理由もなく泣いてしまうことを「黄昏泣き」と言います。 nの母は、nが10歳の時に仕事を再開しました。 子供たちだけで留守番ができるし、 複雑なことでも大体の指示は通るし、 ある程度の家事も、やってくれる。…

お芋 対 ママ

長男が発熱した。 今週のあたまから咳をしていたので、怪しいと警戒していた。手洗いうがい、早寝、バランスのとれた食事、という原始的な自然療法の力は及ばず。 お芋ほり遠足の数日前に体調を崩すなんて。 微妙なタイミングで。。。治りかけの頃に遠足かあ…

育児の副産物?

「それで?自分たちで何かしようと思わなかったの?思考停止だね。」 「上に報告しても変わらないなら、それまでだよ。嫌なら自分が去るしかないね。」 最初の会話は、 洗濯機という便利なものはあるのに、なんで”洗濯物たたみ機”は無いんだろうと母と話した…

母を越える術

次男は、現在3歳。 お着替えを一人でやらない。 保育園以外では、やる必然性を感じていないところに 原因があるようだ。 「自分でやってごらん…!」と 優しく、または厳しく促すもことごとく失敗してきたn。 ある日。 長男が仁王立ちで、次男にレクチャー…

壁の穴、塞がる

またしてもやられた。 ふすまと壁に、ガムテープが貼りつけられている。 5~6ヶ所、低い位置に。ガムテープは、なぜかバツ印に貼ってある。 よく見ると 丸形、ダイヤ形であるが?このラブリーな演出はいったい…。犯人は ぺたぺたくっつくガムテープを 好き…

会社が無機質なだけに…

オフィスの観葉植物には、心がなごみます。 しかし nの心のなごみとは関係なく、 観葉植物のリースがこのほど打ち切られました。オフィスで楽しんでいた緑が無くなってしまったので、 家で親しもう。有機質の何かを…心和む緑… 切り花は? 涼しくなってきた…

会社が無音なだけに…

CDプレーヤーを買った。 長女が3歳、長男が0歳の頃、CDラジカセが壊れた。 演奏中にカバーを開ける。 レンズを思いっきり触る。 ラジオの受信アンテナをへし折る。 おまけに、ディスクはわし掴み。指紋以外のものも、べっとり。 悲しいかな、家が狭い。 オ…

壁の穴

寝室の壁に穴が開いた。 壁は二枚板になっていた。一枚目のコンクリートは、ほぼ貫通している。 鋭利なもので、ほじったような跡があるが・・・。 いったい いつ、誰が、やったのだろう? ―壁に穴をうがつ。 牢獄からの脱出のため? こっそり覗き見するため…

満ちては欠け、欠けては満つ…

会社では、残業が続く。 定時を過ぎてもなお仕事をやれば、 山積みの仕事も片付く。ここまで出来た、ちょっと満足。一方家では、 夕方以降からの母不在、の日が続く。 家の中が片付かないまま、次の日を迎える。かなりストレス。子供達が求めている愛情に応…