neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

家族

お布団がモーセの十戒に!

夜。 子どもたちが 掛け布団をけっとばして寝ていることは、 よくある。 敷き布団の上に寝ていないことも、ままある。(特に夏場) 敷き布団同士が離れて間があいていることは、 あまりない。 犯人は、長男。彼は寝相が悪い。 寝ているうちに長手方向のお布…

のし袋と昔話5/5

「〇〇ちゃん!(オウムの名前)」 ご婦人はオウムに駆け寄り、しかと抱きしめた。 「本当にありがとうございます! 見つけて下さらなかったら、カラスに殺らやられていたところでした。 主人にもさっそく電話します。」 ご婦人はオウムを抱っこして、何度も…

のし袋と昔話4/5

ご婦人が帰られてから数分後。 旦那さんは ハトよりは大きい、あまり見かけない形の鳥が窓を横切ったような気がした。 旦那さんのデスクは、窓に向かって置かれている。 念のため外へ出てみると、カラスのカアカアという激しい鳴き声が聞こえた。カラスの声…

のし袋と昔話3/5

旦那さんの話はこうだった。 その日、旦那さんは早めに家を出て仕事をしていた。 すると、会社のインターフォンを 荒々しく鳴らす音がする。 玄関へ出向くと、とても焦った様子のご婦人が立っていた。 「すみません。さっきこちらの会社の屋根に、うちのオウ…

のし袋と昔話2/5

まもなくして旦那さんが起き出してきた。 「テーブルにあるのし袋、見た?」 こちらが聞く前に、切り出す。 「見たよ。誰かにお礼をされるような、いいことをしたんだね。」 「そうだよ。エヘヘ。」 ニヤニヤしている。 「おれ、ちょっといいことをしたんだ…

のし袋と昔話1/5

ある日の朝 いつものようにのそのそと起き出したnは テーブルの上に、のし袋を見つけた。 「ん?」 御礼と書いてある。 裏にはお名前と住所が書いてあった。 住所は、旦那さんの会社そばの住所であった。 お名前は、nの知らない方であった。 中身を確認す…

訓練系アスレチック3/3

もうすぐ半分、という箇所で気づいた。 もうすぐお腹が空いてくる時刻だけれど、 全てのチェックポイントに挑んでいたら夕方になりそうだ、と。 私たちは、引き返すことにした。 子どもたちは不満たらたらだったけれど 時間感覚のない方たちの意見は、すみや…

訓練系アスレチック2/3

nはチェックポイント3で、早くも息切れがした。 「ここですでに苦戦してるのに、チェックポイントは40。 この先、どんな関門が立ちはだかっているのだろう…。」 子どもも出来るように設計されている様子だが、 足が次の棒に届かない、手がロープに届かな…

訓練系アスレチック1/3

この前の週末は、家族でアスレチックに挑戦した。 山の中にあるアスレチックである。 入り口には、注意を喚起する看板が掛かっていた。 「本パークのアスレチックは、本格的です。 体力や健康に自信のない方は、無理せずに勇気をもっておやめください。」 ”…

上がって下がる2/2

ランチを終えて午後の仕事へ戻る途中、マニュキュアの店の前で姉が立ち止まった。 「ちょっと見てっていい?」 姉は近々、友人の結婚式に出ると言っていた。 それならば、マニュキュアは入用だろう。 その店は、液体のマニュキュアではなく、 貼るタイプのマ…

上がって下がる1/2

先月、義姉が帰国した。 仕事でポリネシア海域を船で周っていた。 帰国お祝いランチをした。 姉はお土産をくれた。 ぞうさんペーパー。ぞうのうんちで作った紙。 ぞうが地上から消えない限り、永遠に継続可能なリサイクルである。 姉は世界で各地で起こって…

呼び捨てでいいのか3/3

はなかっぱのおじいちゃん、はす次郎さん。 おばあちゃんのことを、名前 プラス ちゃん付け で呼んでいる。 「かすみちゃん。」 子ども向けのアニメに出てくるおじいちゃんが、連れ合いを呼ぶときは 「おーい。」「おまえ。」もしくは 「ばあさん。」や「お…

呼び捨てでいいのか2/3

そんな旦那さんと長女の会話を横で聞いていた次男は ここ数日、旦那さんに冷たい。 旦那さん「仕上げ歯磨きしようか。」 次男「ヤダ!パパはヤダ!」 旦那さん「ご本読んであげよう。」 次男「ヤダ!ママがいい。」 なんで嫌なの?と旦那さんが聞くと 答えて…

呼び捨てでいいのか1/3

先日nの誕生日があった。 旦那さんは、フルーツババロアを買ってきてくれた。 とりわけ生クリームが苦手な妻と、 ケーキが食べられる!というワクワクの子供たち、 この相反する二者の要望を ババロアは見事にクリアしていた、 ように思われた。 子どもたち…

12周年、大事なこともいろいろ忘れています

「なんでパパと結婚したの?」 次男が直球の質問を投げてきた。 子どもは不思議に思うのだろう。 なんで〇〇君のパパでも、 〇〇ちゃんのパパでもなく、パパなんだろう?と。 そこに他意はない。 「結構です!っておことわりする、つよい気持も理由もなかっ…

父上の誕生日2/2

父が欲しい誕生日プレゼントは、 冬用の帽子らしかった。 店頭であれこれと手に取って、試し被りもしたいよう。 今の時期、お店では 冬物は片付けられ春物が売り出されている。 ということは、 春生まれの父の誕生日には、実質 用意ができない ということだ…

父上の誕生日1/2

先日、父の一番上の兄(伯父)が亡くなった。 葬儀に参列した妹とnは、 生きているうちにやりたい事をやろう!と決心した。 もうすぐ父の誕生日なので 姉妹間で 盛大に父を祭り上げよう という話が出るのも必然の流れであった。 妹が 早速、父に欲しいものを…

誰が、料理を食べるのか問題3/3

長女を除いて子ども達が 旦那さんの手料理、アクアパッツァを食べなかったので 旦那さんはションボリしていた。 「ちよっと今回は失敗したな。味が薄かったな。」などと反省していたが、 決して失敗ではない。 長女とnは、とても美味しくいただきましたよ。…

誰が、料理を食べるのか問題2/3

台所からいい匂いが漂ってきた。 アサリからおいしいだしが出ていそう。 フライパンの中の出汁をスプーンで一すくいし、味見をする旦那さん。 「うまいっ!味見する人!」 食いしん坊次男が、勢いよく手を挙げた。「ハイ!」 スプーンに口をつけニヤリ。 美…

誰が、料理を食べるのか問題1/3

珍しくその週末は 旦那さんがお休みだった。 朝から張り切っている。家族に手料理を振舞いたいらしい。 「朝は、新鮮な魚を買いに行こう。一緒に行く人!」 やだー、行きたくない。 ぼく、家にいる。 ぼくも。 旦那さんのお料理熱の盛り上がりなどお構いなし…

義姉と妹のn2/2

姉(旦那さんのお姉さん)とのランチで、兄弟の話になった。 姉「弟ってさ、全然役に立たないんだよね。大人になってもさ。」 n「いつまで経っても、不完全というか…?」 姉「そう、使えないんだよなぁ。考えていることが根本的に違うっていうか。 男性と女…

義姉と妹のn1/2

お互いの昼休みを重ねて、姉とランチをしてきました。 (旦那さんのお姉さんです。) その日は、バレンタインデーが近かったので チョコレートをあげました。長女とnが作ったものです。 板チョコを溶かし、シリアルや玄米ポンを混ぜて カップに入れて、冷や…

嘆き悲しむ人と歌を詠む人3/3

一方の母は、 昇華どころか、消化も怪しいレベルで 葬儀後もやる気ない日々を過ごしているようだった。 母の精神の荒廃ぶりに、妹も気になったようで この前、nのところに連絡がきた。 妹「母上はガックリきているようだけど。 自分の旦那が死んだら…と想像…

嘆き悲しむ人と歌を詠む人2/3

nの母は言う。 「ご飯を食べてもさ…何を食べたか、全然覚えていないんだよね。」 …さっき、素うどんでも作って食べようか、って言ってましたけど? 「食べたものが、どこへ消えたか分からないんだよね。」 …いつも通りに、胃袋に消えていってますよ。 何を…

嘆き悲しむ人と歌を詠む人1/3

先日、父の一番上のお兄さんが亡くなった。 訃報を聞いたその夜、父は近所の居酒屋へ繰り出した。 「こんな時に飲みに出かけるなんて!血も涙もない!」 泣きながら母は、憤慨していた。 酒飲みは、こういう時にこそ飲みたくなるものです。 居酒屋に向かうも…

新年会のめあてとは

nの母方の親戚一同は、お店を予約して 毎年新年会を開いている。 この乾燥した季節に子ども三人を 人混みの中へ連れ出し、 一杯が850円のオレンジジュースを 一口も飲むことなく全部こぼし(四年前、長女) グラスを前歯で噛んで割り(三年前、長男) 食事が…

リカちゃんママにインタビュー

リカちゃんのママ、織江さん(33)。 かつてリカちゃんで遊んでいたnも 今や三児の母。リカちゃんよりも織江さんに興味をそそられる。 働く母親の立場から、機会があれば彼女に是非インタビューを試みたい。 「6児の母、ファッションデザイナー、フランス人…

リカちゃんハウスにみる理想の家族像とは2/2

リカちゃんハウスの細部の変更はあっても、玩具の大本のコンセプトは 変わっていない。 〝家族のみんなが集う、たのしいお家〟 nがリカちゃんで遊んでいた当時は、一人っ子の設定だったような気がする。 リカちゃんを卒業してから、 双子の妹と、三つ子の弟…

リカちゃんハウスにみる理想の家族像とは1/2

近所におもちゃを貸し出している施設がある。 その施設で 次男はお人形のハウスを借りてきた。 「リカちゃんハウス」 nの家にも昔、同じものがあった。 懐かしく眺めると、現代のハウスでは所々に改良が加えられていた。 目立つ改良の一つに、ハウス全体が音…

ヘアドネーションをしてきた母

ヘアドネーションしてきた。苦節?二年、31㎝まで伸ばした髪を じょきっと、切ってもらう。すっきり、さっぱり、頭が軽くなる。 髪って 意外と重量があるのだな。 この軽やかさ。 この扱いやすさ。 美容師さんの、驚きのカット技術で 軽快なボブスタイルに変…