neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

骨折と想像力

昼休み。 勤務する妹が気になって連絡してみた。 仕事自体は出来ても、トイレに立つにしろコピー一枚を取るにしろ、 一苦労でしょう?と聞くと、 「大丈夫だよ。社内はバリアフリーだから。周りの同僚も気遣ってくれるし。 それよりも困るのは、行き帰りの駅…

もろピクトグラム

妹が足くるぶしを骨折した。只今、ギブスと松葉杖である。 表向きは 医者に患部を固定して体重をかけなければ、仕事はOKと言われたので、 裏向きは 動かないと太るので、 骨折した翌々日から、会社に通勤しているようだ。 考えてみれば、 妹の仕事は内勤で、…

骨折を嬉しがる母2/2

妹はどこへでも歩いて行こうとする。歩ける距離ではなさそうな場所へ、徒歩で行ってみようとする。 昔から歩くことが好きだったわけではない。 徒歩愛好家になったのは、ごく最近であった。 というのも 一念発起してスポーツジムに通い始めたら、次第に筋力…

骨折を嬉しがる母1/2

妹が骨折した。 母から聞く。 「先週末に骨を折ったみたいだよ。ふっふっふっふ…!」 えっ、骨折! いったいどこの骨を? 重大な骨折なのだろうか。 以前、出産直前に肋骨を疲労骨折したことがあったけれど、 ちょっと動くだけで、激痛だった。 やっぱり痛い…

ヘアドネーションをしてきた姉

妹に ヘアドネーションしてきました!というフレッシュな情報(どうでもいい…)と ビフォーアフターの写真(いらない…)を送りつけてみた。 「おお、軽くなったね~。 でもこれからの季節、首回りが寒いのでは?」 … nの家族 誰も、いいね!と賛同してくれな…

欲望のままに生きる1/3

nの妹。 先日、旧ソ連時代のカルト映画を見たらしい。 惑星ソラリスとか? 主人公の俳優がギョロ目だったのが気になったらしく、〝ギョロ目〟を調べていたら、人相学に行き着いたよう。 「歳を重ねれば重ねるほど、 その人の性格や行動は、顔に現れてくるん…

ヤーベンハーベン用例集

nの妹は、ドイツ語が堪能である。 ドイツ語の通訳案内士の資格を持っていたり、 ZOP(ドイツ語上級統一試験)の資格を持っていたりする。週一でゲーテインスティテュート(ドイツ語の教育機関)に通い、 毎朝ドイツ語のラジオを聴いている。 そんな彼女に、…

変わらないでいて欲しいもの

妹の誕生日が近い。 社会人になって数年後も、半ば断定的な口調で「学生さんですか?」と聞かれ、 未だに(イメージ的には)20代のままの妹なのだが確実に歳は重ねている。 いつの間にか昔お気に入りだった服が似合わなくなり、 髪型とメークの方向性が変わ…

妹、大企業の闇をみる

このほど 子ども達を連れて地元の公園でピクニックをしました。姪っ子甥っ子に会いたいという妹も 参加しました。 お弁当を食べ終わったあと。妹「最近仕事で、懲戒解雇ファイル なるものを閲覧しているよ。」n「え。何のファイル、それ?」妹「今までの懲…

男前なひと 2/2

n「仕事を教えてくれるBさんは、どんな感じの人なの?」妹「みやびな雰囲気の方だね。」 みやびなBさんは、 単身赴任で本社に異動してきたという。妹と卒業した学校が同じということが分かり、 キャンパストークで盛り上がったらしい。しかも同い年だという…

男前なひと1/2

先週末、妹がnの家へやってきた。 狙ったように、お昼時。 どうやら お料理するのがめんどくさい周期に入ったらしい。冷蔵庫に適当な食材がない、疲れている、といった外的要因とは関係なく 「お料理やらないサイクル」が彼女の中には、存在する。 そんな妹…

夜空ノムコウ

都会の夜空は、星も見えない。 しかし。 冬の、とりわけ今の時期は オリオン座と冬の大三角形が美しく見える。 ある晩のことnの母は、自転車から降りて 道端にたたずみ しばらくオリオン座を眺めていたそうな。 後ろから歩いてきた人に 「あの、大丈夫ですか…

好みは渋め2

茶摘みで思い出した。 nの妹である。彼女は、数年前に静岡へ行った際 友人と茶摘み体験をしていた。 茶畑を背景にてぬぐいを被り、あの茶摘みの和装姿で写っている 記念写真を見せてくれたことがあった。 「このほっかむりが、決まってるね。」 「いや、あ…

グレーじゃなくてクロ

昨日からの続きです。 neillot.hatenablog.com 小一時間くらいの外出中に、お部屋に取り込んでおいた洗濯物が きれいに畳まれていた。 私以外にやる人はいない。 もしかして・・・? その日の夜。 妹にお礼のメールをした。 「今日は留守中に、洗濯物を畳ん…

よく飲む赤ちゃんは、よく眠る

ー母乳やミルクをよく飲む赤ちゃんは、よく眠る。 先週末の一日、妹が遊びにきた。 姪っ子、甥っ子を可愛がってくれる叔母だ。 「久しぶりにキッズ三人に会いたいな。」 その真意は 「これからお昼を作るのが面倒だから、食べに行っていい?」 であったりす…

顔で笑われるの巻

ドイツへ行っていた妹が帰国しました。今年はマルチン・ルターの行った宗教改革から 500周年とかで、 ドイツではわりと地味めに盛り上がっているのだそう。 土産話を聞きたかったので、連絡ついでに 自分の写真を添付しました。 「え、何これ?!化粧濃く…

変化2/2

妹に「友人の結婚式の写真を見て、本人だと分からなかった。」 という 己の認識力の無さを話した。 こちらで、その友人について触れています。 neillot.hatenablog.com 妹は、違う視点を持っている。とかく子供関連のこととなると、客観的に判断が下せなくな…

誕生日プレゼントあれこれ

妹の誕生日が近いので、何か欲しいものはないか?とダメ元で聞いてみた。ダメ元、というのは 彼女の望むものが、時として入手困難だったりするからだ。 去年は、「木魚」だった。 …仏道修行でもするつもり? 二年前は、「ひょっとこのお面」だった。 …宴会芸…

一人の差は大きい1/2

お家でのおやつの時間、少しでも大きなおせんべいを、 少しでも形の良いクッキーを、 少しでも多くの味のラムネを、お兄ちゃん、お姉ちゃんより多く食べることに心血を注いでいた方は、 弟さん、妹さんではないかと思います。 「早く食べちゃお!」 おやつに…

流れに流れる。

その日、妹と二人で 昨年末の忘年会から延びに延びた新年会をやる予定でした。 n、約束の時間をうっかり寝過ごしてしまいました。 気付いたのは、翌朝…。 ひたすら謝りました。 「かなり疲れてるんだね…。」 妹との約束において やっちまった!的な寝過ごし…

15年後の変貌

先日、友人の結婚式に参列した妹。 学生時代に同じサークルだった仲間の一人が挙式、 ということで 当時のメンバーがワイワイ集ったのだそう。 nは、妹のワイワイ仲間の数人を知っている。 妹からメールが入る。 「楽しかった!それにしても男性陣の老けっ…