neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

長男の心の変化

長男は三姉弟の真ん中である。 一番上は、最初の子だから注目される。 末っ子は、いつまでも小さいから可愛いがられる。 では真ん中は…? 長男は、 nが転職をしてからというもの とみになついてくる。 「ママ〜!」 nの名前を呼ぶことが多くなった。 お膝に…

こころの中の家3/3

nの母は今夏、 可愛がってもらったという伯母さんの葬儀に出席した。 neillot.hatenablog.com 折に触れて その伯母さんを思い出すらしい。「晩年は認知症が進み、○○さん(お嫁さん)は大変だったみたい。伯母さん、徘徊しちゃってさ。。。」 最近 そのお嫁さん…

こころの中の家2/3

住んだ年数の長さから推測すると、 三番目の家か。12年だ。そこには、現在nの両親が住んでいる。 nが帰省する実家である。が、答えは いいえ。 三番目の家は、夢に出てきたためしがない。 新しさから推測すると、五番目の家か。 現在住んでいるのだから、夢…

こころの中の家1/3

nは今までに、4回引っ越しをしている。 住んだ年数は以下の通りである。 一番目の家には、8年住んだ。二番目の家には、 7年住んだ。三番目の家には、12年住んだ。四番目の家には、4年住んだ。五番目の家に、8年住んでいる。 それぞれの家の 間取りや家具、カ…

けん玉解禁

家にけん玉がある。 リサイクルショップで買ったもので、 しっかりした作りで古めかしい。 長女がまだ一人っ子だったうちは、おもちゃ箱から出して遊んでいた。 長男が産まれて以降は、 目が行き届かないという理由で片付けられた。 あんな大きな固い木の玉…

ヘアドネーションをしてきた姉

妹に ヘアドネーションしてきました!というフレッシュな情報(どうでもいい…)と ビフォーアフターの写真(いらない…)を送りつけてみた。 「おお、軽くなったね~。 でもこれからの季節、首回りが寒いのでは?」 … nの家族 誰も、いいね!と賛同してくれな…

ヘアドネーションをしてきた母

ヘアドネーションしてきた。苦節?二年、31㎝まで伸ばした髪を じょきっと、切ってもらう。すっきり、さっぱり、頭が軽くなる。 髪って 意外と重量があるのだな。 この軽やかさ。 この扱いやすさ。 美容師さんの、驚きのカット技術で 軽快なボブスタイルに変…

有給の使い方、それぞれ

これから退職する同い年の同僚は、ただ今 残った有給の消化中。次の仕事が始まるまで、同僚は 会社そばのスポットを散策しているようだ。 本当は 勤務している間に行きたかったけれど 結局忙しくて行けなかった公園やお店などに 積極的にお出かけしている。…

気になっている 近頃の疑問、五つ。

気になっている近頃の疑問。 一つ。 長女長男のキッズ水泳教室にて、保護者の観覧席でかかっているBGMが いつも雰囲気たっぷりなジャズなのは、 なぜか? 二つ。 長女、長男から口々に批難されても 耐えられる次男が、nの顔を見たとたんに 涙がポロポロと溢…

10月

第一週 昼休み 会社のそばの公園へ、散歩に出た。先輩とおしゃべりしながらよく来たな…。さわやかな秋風とやわらかくなった日差しに 季節は いつの間にか夏から秋に移っていた。 夏に転職した先輩は、元気だろうか…。 第二週 次男の保育園で、運動会があった…

赤ちゃんからのご指摘

お風呂で 赤ちゃんが怖いものの一つ ―目に入る泡。 長女が急かしている。「今から顔を洗うから、シャワーの用意しててね。 早く、早くね。はい!(渡して、の意)」 目をぎっちりつぶって 泡あわの手は、シャワーヘッドを待っている。 はい、どうぞ。 「はぁ。…

言葉遣いに気を付けねばと思わされた、長女の宿題

nは「皆さんでお召し上がりください」の意である会社に届いた差し入れのお菓子をnはその場で食べず、家に持ち帰っています。 長女の国語の宿題である。 〝今日習った、副詞の呼応 を一つ以上使って 100字以内で作文をしなさい。〟 長女、しばらく考えていた…

欲望のままに生きる3/3

仕事が始まる9時に着信音がなった。 母からであった。 「今日の予定、了解。 欲望のままに生きることの功罪だけど、究極は…仙人だね。」 …仙人? 世俗を捨てた人、ということ? 抽象的すぎて、余計にこんがらがった。 自分の本能の赴くままに生きるも 良いだ…

欲望のままに生きる2/3

ほぼ毎朝 nは、母に連絡を入れる。 夕方以降の動きを、お知らせするためである。 「今日は残業です。」 「次男の保育園のお迎えをお願いします。」「長女の習い事のお迎えは、私が行きます。駅から直で。」「夕飯は、あれとこれを作りました。冷蔵庫には何々…

欲望のままに生きる1/3

nの妹。 先日、旧ソ連時代のカルト映画を見たらしい。 惑星ソラリスとか? 主人公の俳優がギョロ目だったのが気になったらしく、〝ギョロ目〟を調べていたら、人相学に行き着いたよう。 「歳を重ねれば重ねるほど、 その人の性格や行動は、顔に現れてくるん…

秋の夜長に探しもの、その後

長男の学校の給食配膳で着る白衣を 無くした と思ったら、 長男の手提げ袋の奥底に、入っていた。 それでは家に無いわけだ。ちゃっかり学校にあった、というオチで 終わる。 保育園から借りた絵本も無くした が、 こちらはどこからも出てこなかった。 なので…

保育園で連呼「愛してるよぉ~!」

いつものように保育園にお迎えに行くと 開口一番に「素敵な旦那さんですね~。」と担任の先生。 何のことでしょうか…。 「今日Kちゃんがブロックで遊びながら連呼してましたよ、愛してるよぉ~!って。いつも旦那さんがおっしゃってるんですよね、きっと。う…

罪な男2/2

送別会で 退職する同僚(男性)から、皆さんに向けて ひとことスピーチがあった。彼と 幹事である隣の席の同僚とnは、 とある業務で一緒だった。 様々なことが思い出された。涙目になる。 おまけに鼻水も出た。 それを 他の同僚たちが、ばっちり見ていた。 会…

罪な男1/2

みんなが頼りにしていた同僚(男性)が このほど退職した。退職祝いの品、砂時計と苔玉 それからと寄せ書きをみんなからプレゼントした。 幹事は、隣の席の同僚と、n。 植物は、ネットでの注文がやや心配だったので 同僚とnは、苔玉探しに奔走した。お陰で 育…

秋の夜長に探しもの3/3

図書館や保育園から借りた絵本は 家の本棚に入れず、 棚の上に平積みにすることにしている。我が家の絵本と溶け込んで、 返却するのを忘れてしまわないように、である。 nは先月保育園から借りた絵本を ここ数日必死に探していた。 見つからないのである。 …

秋の夜長に探しもの2/3

白衣が行方不明なことを、担任の先生にお話した。 必死に探しつつ 週末を以て見つからなかった場合は、弁償致します、と申し出た。 nの根拠のない自信によると給食の白衣は 引っ越さないと出てこないレベルの無くしものではないかと思う。 家中、探し尽くし…

秋の夜長に探しもの1/3

ない。 洗濯してたたんで、袋に入れたまでの記憶は ある。 が、長男の手提げ袋に入れた記憶がない。 学校の給食の白衣が、ない。あちこち探しているが、ない。 家庭内紛失である。 以前 家庭にて忽然と消える洋服の不思議 について書きましたが、それはあく…

なぞなぞ再び・アラフォー子どもは判ってくれない5/5

それにしても三人とも、 〝保育園の教室に、コピーをされて〟というくだりで当てましたが 次男は現役であるものの 長女、長男は既に卒園しています。長女に至っては、4年も経っていますが 保育園時代の思い出は、 まだまだ色濃く残っているのだなぁ…と感じ…

なぞなぞ再び・アラフォー子どもは判ってくれない4/5

長女、長男は 前回のnの諸注意を守ってくれた。 大声で叫ばぬように、である。 答えを見つけた!という喜びのあまり 口走ってしまいがち。 まだなぞなぞに取り組んでいる人(主に次男)の 考える余地が無くなってしまうので 最後の人がギブアップしたら叫んで…

なぞなぞ再び・アラフォー子どもは判ってくれない3/5

「わからないよ!」と長男。「むずかしい…。」と次男。「ぬれぞうきん?」とおそるおそる長女。 ぶぶー。 残念ですが、濡れ雑巾ではありません。 「じゃ何だろう?」「こたえ、教えてよ~。」 ダメです。 ご自分で考えるのです。そこが、なぞなぞの楽しいと…

なぞなぞ再び・アラフォー子どもは判ってくれない2/5

なぞなぞの完成です。 〝わたしは、二の次で、らの次で、うの次です。 とあるカルタの最初の2文字をつけると 出来上がります。 ぶんぼうぐ屋さん、おもちゃ屋さん、本屋さん に住んでいます。 わたしは、いったい誰でしょう?〟

なぞなぞ再び・アラフォー子どもは判ってくれない1/5

入浴中に次男。「ねぇ、なぞなぞ出して。」 気軽にリクエストしてますが、 出題する側は けっこう時間を要する。 なぞなぞね、えーと…と 気のない返事で、自分の髪を猛スピードで洗っていたら 「もんだい、できたの~?」「時間稼ぎじゃない~?」「お~そ~…

ドミノ倒しは続く2/2

ベテランの大先輩から「明日、ランチ一緒にいきませんか~?」と、お誘いをもらった。 nの退職のお知らせを受けて お話を聞きたい、という。 聞きたい、というより 伝えたい何かがあるのでは?という勘が働く。 もしや、ベテランの大先輩までも…? その日の…

ドミノ倒しは続く1/2

退職のお知らせを皆さんに出した日 nと同い年の同僚は、会社を休んでいた。 夏に先輩の退職を知り、 明るく相づちを打ちながらも 悲しみに打ちひしがれた顔で聞いていた、 同僚である。 nの退職のお知らせを読んだ後 と思われるタイミングで背後から声をか…

ドミノ倒しのよう3/3

次の退職者が控えているならば、 nは 速やかにここを去らなければなるまい。 転職先が決まったその方も いち早く新しい会社で働きたいだろう。 零細企業で 一度に二人が辞めたら、けっこう困る。業務に差し障りも出よう。 秘密持ち?の同僚とランチをしたそ…