neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

今頃言われましても…

今夏に旅行した写真を、フォトアルバムにした。 毎年n家の夏休みは、旦那さんの実家に帰省するくらいで 終わっていた。 たしか家族旅行に出かけたのは、8年前だった。 末っ子が生まれる前のことである。 次回はいつまた旅行に出られるか 見当もつかないの…

名前で脚韻

先日公園で拾ってきたどんぐりで、次男が遊んでいる。 さっきから知らない子の名前を、連呼している。 「ナオキ!だめだってば、ナオキ!!いけないよっ!」 なにかを阻止しようと注意をしているようだが…。 「なおきくんって、保育園のお友達にいないよね?…

どんぐりを持っていったのは、だあれ?

前回ピクニックへ行った公園に先週末、 また繰り出した。 木の下にレジャーシートを広げる。 この間まで地面いっぱいに落ちていたどんぐりが、 ほとんどきれいに無くなっていた。 ぐりとぐら のような、のねずみがいる? ひょっとして、りすがいるのかしら?…

ガードがゆるい二枚目

入浴前。 脱衣場でお洋服を脱いでいた時 次男が、なぜかパンツを二枚はいていたことが 発覚した。 n:「あれ?Kちゃん、パンツを二枚はいている?」 次男:「?」 n:「今日一日、暑くなかった?二枚はいてると、暑いんじゃない?」 次男:「あつくなかっ…

9月

第一週長女が移動教室へ行った。その間に気づいたことがある。 家のお風呂が短時間で終わる、ということ― 長男、次男多少のふざけはあるけれど、基本洗って温まったらすぐ出る。 長女は長風呂であった。温まる時間が長い。洗いながらのおしゃべりも、長い。…

ゴムがあだとなる

普段被っているつばの広い帽子に、ゴムを縫い付けた。 風に飛ばされないようにするためである。 ずっとやりたかった。 先日縫物の時間が取れたので、すかさず付けた。 長女長男の校帽に、新しく縫い付けたゴムとお揃いである。 つば広のおしゃれ風な女優帽は…

同感です

勘違い、思い込み、解釈違い、認識不足に不勉強、はたまた己の知識の乏しさ、 などなど…が 歳と共にだんだんと明らかになってきて 「最近、自分に自信が持てないのよ。」と とあるラジオのパーソナリティーがコメントしていた。 nも全く同感です。

認知力がどう考えてもおかしい件

先月、住んでいる自治体から旦那さん宛に 風疹の抗体検査票が届いた。 定期接種を受けていない世代に、旦那さんも当たっているのだそう。 期間内であれば無料で検査できるので 速やかに病院へ行ってもらい、抗体のチェックを受けてもらった。 程なくして自宅…

医院難民

子どもたちの予防接種のみに通っていた医院があった。 待ち時間が少なく、重宝していた。 今夏に次男の予防接種の時期が来た。 いつものように、その医院に予約の電話をした。 ところが、数回かけても電話は一向につながらなかった。 診療時間内なのに、おか…

クラTを作る2/2

そういえば昔、 高校の体育祭や文化祭でクラTを作ったと思う。 さらに 大学のゼミ合宿で、ゼミTを作ったと思う。 学業を終えてからも、趣味の吹奏楽団で団Tを作った。 Tシャツは、視覚的に訴える何かによって 組織の結束を強くする効果があるのだろうか。 学…

クラTを作る1/2

次男の通う保育園で来月に 運動会がある。 クラスの保護者より 「運動会で、親子お揃いのクラスTシャツを作ってみませんか?」という提案が LINEで回ってきた。 そういえば。 去年の年長組さんは、クラスTシャツを作って、運動会でみなさんで着ていたっけ。 …

次男の誕生日へのメッセージ2019

Kちゃんへ 待ちに待ったこの日がやってきましたね。 Kちゃん以外の家族のみんなは、春に誕生日を迎えるから 指折り数えてこの日を待っていました。 とうとう6歳。 お誕生日、おめでとう! 末っ子のKちゃんがもう6歳だなんで、にわかに信じられません。 長…

のんびりを願う

先の三連休中。 「あぁ、早く普段通りに戻りたいなぁ。」 休みが続くと嬉しい反面、生活のペースが乱れる。 生活時間が、全体的に後ろへズレる。 前へズレることは、まずない。 (油断してしまい)寝る時間が遅くなる、朝起きるのが遅くなる、 よって朝食が…

フィギュア違い

前の職場の同僚から、飲み会のお知らせをもらった。 会社の仲間から 十年ぶりに夜イベントのお誘いを受けた。 誘う方はnにずっと断られ続けていたので、いつしか声をかけなくなっていた。 お子さんもそろそろ大きくなったし、夜に家を数時間空けても大丈夫か…

再び戦力外追放

松葉杖だと日常の生活で困るシーンが沢山あるだろう。 買い出しなどをやっておこうか?と願い出たが いいよ大丈夫、と断られた。 「それよりもお姉ちゃんは、子供たちのことで忙しいでしょう。」 家族内でも、戦力外追放です。 neillot.hatenablog.com neill…

骨折と想像力

昼休み。 勤務する妹が気になって連絡してみた。 仕事自体は出来ても、トイレに立つにしろコピー一枚を取るにしろ、 一苦労でしょう?と聞くと、 「大丈夫だよ。社内はバリアフリーだから。周りの同僚も気遣ってくれるし。 それよりも困るのは、行き帰りの駅…

もろピクトグラム

妹が足くるぶしを骨折した。只今、ギブスと松葉杖である。 表向きは 医者に患部を固定して体重をかけなければ、仕事はOKと言われたので、 裏向きは 動かないと太るので、 骨折した翌々日から、会社に通勤しているようだ。 考えてみれば、 妹の仕事は内勤で、…

三位一体

長女はただいま移動教室へ行っている。 家の中が静かである。 といっても 長女が一人で騒いでいるのではない。 長女がいないことによって、長男次男のテンションが上がらず パワーアップに欠けるからであった。 長女、長男、次男は 三位一体であるらしい。

下着だけです

もうずぐ長女の小学校で移動教室がある。 持ち物のひとつひとつに氏名を書かなければならない。 学年と小学校名も、である。 長女一人ではとても終わらないので、nと手分けして とある日の夕方、ひたすら名前を書いていた。 長女が 持っていく洋服(下着)…

骨折を嬉しがる母2/2

妹はどこへでも歩いて行こうとする。歩ける距離ではなさそうな場所へ、徒歩で行ってみようとする。 昔から歩くことが好きだったわけではない。 徒歩愛好家になったのは、ごく最近であった。 というのも 一念発起してスポーツジムに通い始めたら、次第に筋力…

骨折を嬉しがる母1/2

妹が骨折した。 母から聞く。 「先週末に骨を折ったみたいだよ。ふっふっふっふ…!」 えっ、骨折! いったいどこの骨を? 重大な骨折なのだろうか。 以前、出産直前に肋骨を疲労骨折したことがあったけれど、 ちょっと動くだけで、激痛だった。 やっぱり痛い…

手紙のタイムカプセル2/2

どんな内容を書いたか、すっかり自分でも忘れている。 手紙が届いているよ、と長女に封筒を渡した。 長女は封を開け、便箋をじぃっと見ていた。 読み終わると、長男のところへ走って行った。 「Rくん〜!私もまーぜーてー。」 別の部屋で遊んでいた弟の遊び…

手紙のタイムカプセル1/2

このほど 長女へ宛てた手紙が家に届いた。 差出人は、n。 長女のランドセルを買った5年前 ランドセル会社が企画した、我が子への1000日後のラブレター を書いたのであった。 しかし長女が小学一年生の時には 書けなかった。 仕事と育児と家事以外に割ける時…

8月

第一週 保育参観があった。 保育園でプールに入っている姿を一度も見たことがないので、 仕事の休みを8月頭に調整し、その日に臨んだ。 長女長男の時、プールを見たいと思いながらも夢叶わず 二人は卒園してしまった。 次男がラストチャンスであった。 その…

退職の意味するところ3/3

ある朝。出勤すると 退職した同僚の机が、きれいさっぱり片付けられていた。 「あれ?辞めた彼女は、会社へ来て整理してったのかな?」 上司と仕事仲間が帰った後に、 ひょっこりやってきて 私物を片付けて帰っていったのだという。 会社の鍵を返却し、置き…

退職の意味するところ2/3

退職した同僚のデスクには、私物がそのままになっていた。 マグカップやマイお箸などは 会社に進出させている方も多いと思いますが、 ケータイ充電器、低反発の座椅子クッション、金尺、 長靴、きれいな模様の不織布の袋、脂取り紙、歯ブラシ、手鏡などなど……

退職の意味するところ1/3

長いこと休んでいる同僚と、やっと連絡がとれたという上司。 nがいよいよその同僚の家に 出向こうとしていた矢先のことであった。 欠勤がそろそろ一ヶ月になる頃に 「もうこの会社に復帰しないんじゃないか…?」 と直感的に思ったが、本当にそうなってしまっ…

小児科学会2/2

目を開けたままのシャワーは、 子供から目を離さないという点では確かな方法ですが、 目がしみます。 しみるうちに目の中がゴロゴロしてきて、nはある時 両眼が結膜炎になりました。 子育て中は、自分の病気で医者にかかれる時間などありません。 眼科に行か…

小児科学会1/2

保育園経由で、日本小児科学会からアンケート用紙が配られた。 内容は家庭で起きる子供の水の事故について、 つまりお風呂での事故、 さらに詳しくは 子供がお風呂で溺れる事故の状況把握アンケートであった。 全国規模の調査らしい。 お子さんが浴槽で溺れ…

甚だしき妄想2/2

長女の泣きが収束してきた頃、すかさず理由を聞いた。 長女は入浴前に、小さかった頃のアルバム写真を見ていたらしい。 アルバムを棚に戻す時に手が滑って ばぁば(nの母)の足の甲に、角を下にして落としてしまったそうな。 ドサッ! 「あいたたた〜!」 痛…