読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neillot’s diary

サラリーマンで三児の母の、はちゃめちゃ感あふれる日常

4月

第一週
1日より、ひとつ解放されたことがありました。

昨日の夕飯メニューと、今朝の朝食メニューを
保育園の連絡帳に書くこと、です!

次男が年少クラスに進級し、献立の記載は卒業となりました。

長女が通っていた時から、通算8年
我が家の食卓を、保育園に公開し続けてきました。

長女が一人っ子だった頃は、料理下手の見栄っ張りが
いい方向に作用していました。

「連絡帳に書くんだもの!先生が見るんだもの!」

しかし長男が産まれてからは...見栄っ張り、すっかり消滅。


歴代の連絡帳は
毎晩毎朝の献立の低レベル化を、如実に物語っています。



第二週
旦那さんが出張でした。決まって早朝です。

毎回、旦那さんに合わせて起き出します。
というか、旦那さんよりも早く目が覚めます。


早出の夫のために
温かい朝食を作り優しく見送る、できた妻。

家事と子供たちの世話を引き受け、
その後は自分も出勤。仕事もこなす、できる女。

であるような印象を受けますが、断じて違います。


子ども寝言、旦那さんの咳、
外の風の音、間欠的な冷蔵庫のジー音、などで

すぐに目が覚めてしまうのです。
末っ子が卒乳してから2年が経ちますが、睡眠は浅めです。

いまだにエアー授乳期のようです。



第三、四週
お雛様を片付けました。
因みにお雛様を飾る期間は、3月3日から約1ヶ月強です。

早めに飾らないのがポイントとなります。
何故か。

お雛様を片付けるついでに、弟たちの五月人形を出すからです。

天袋にしまってある、大掛かりな飾り物は、

一度に、一気に、行う。

短時間で終わらせたい、という魂胆
であります。


今年は次男五月人形を飾りました。

「飾ったよ~見てね。」

次男、やや不満げな様子。
「…ぼくのお雛様は?」

「Kちゃんのはこれだよ。」

「ぼくもねぇねみたいなお雛様がいい!!」

そうきたか…。
性別により昔から決まっている、という定説を話したところで
納得はしまい。

ひとまず理由を聞いてみた。

女雛のキラキラした冠がかっこいい、
五月人形は一人だからさみしそう、と宣う。

尤もな理由。

母、困る。

そこへ長女が登場。
「Kちゃんのお人形には、鯉のぼりがついてる!お魚さん、三びき。
ねぇねのには、こんなかっこいい鯉のぼりは無いんだなぁ~。」

次男、鯉のぼりをじっと見る。

長女、さらに続ける。
「この木の札は、裏がオルゴールになってるんだよ!ねぇねのには、無いんだよ〜。」

説得力を増すために
親がなだめすかすセリフを、長女が言うと

妙に納得力がある。

福助さん2

ある一時、仕事が立て込んでいたので

早めに出勤していた。

 

そんな頃

いつものように出勤路を歩いていると、背後から

前傾姿勢の自転車が追い抜いていった。

 

 「自転車、やってます!」風の、スタイリッシュなクロスバイク

 

駐輪場へ颯爽と停める。

すばやく鍵をかける。

流線型のヘルメットを、リュックにしまう。

 

この一連の動作をなめらかに行った後、駅改札への階段を弾みながら

降りていった。

 

 

福助さんであった。

 

座布団でかしこまる裃の福助とは違い、 

現実の福助さんは、アクティブに動いていた。

 

当たり前である。

人は動くし、移動する。

 

 

福助さんじゃなかった・・・。」

 

 

いっときの外見と様態だけで、人を判断してはならぬ。

福助さん

 マンウォッチングのターゲット、福助さん。

今回は彼について取り上げてみたい。

 

福助さんは、地元の駅構内でお見かけする。

時間に余裕を持ってご出勤する福助さんは、乗車位置の列より

少し離れたスペースで、毎朝スマホを見ている。

 

「ぐふふふ・・・」と笑っていることが多い。

スーツに首がずぶずぶと埋まっている。

 

 その姿は、足袋メーカ「福助」のイメージキャラクターに似ていた。

 

足袋の福助をいま一度、画像検索するとー

 

座布団の上にちょこんと座り、両手をそろえて、かしこまっている。

まこと愛嬌のあるお顔。

 

イメージキャラクター同様

動く福助さんを見たことはない。

 

いつだか急いで飛び込んだ車両に、福助さんが乗っていたことがあった。

 

両腕をつり革にかけ、立ったままご瞑想中の福助さんは

微動だにしなかった。

 

「やっぱり福助さんで間違いなかった・・・」との思いを強めた。

 

 

人は見た目で判断してはいけない―

 

完全に見た目で判断している。

テイル氏2

 マンウォッチングのターゲット、テイル氏のことを昨日書いた。 

neillot.hatenablog.com

 

 

気が付くと、いつもnの前に立っているので

テイル氏は、後姿しか知らない。

 

その日も交差点にて

ばっちり決まった氏の後頭部を眺めていた。

 

テイル氏、不意に後ろを振り返る。

nと目が合う。

 

 

想像していた年齢とは、違った。

 

 

やにわに真後ろを振り返るなんて、ちょっと不自然ではないか。

さっきまで

後頭部を凝視していただけに、決まりが悪い。 

 

寒い視線は送っていないが、

とくべつな熱い視線も送ってはいない。 

  

人は、後ろ姿だけでは分からないものだ。

 

 

ある一定の世代以上になると

美意識の高い男性に、なかなかお目にかかることは少ない業界で働いているn。

 

 

黒く長い髪が美しい男性は

 

力士以外で、

 

テイル氏しか知らない。

テイル氏

通勤途中に、時々マンウォッチングをしている。

「人間行動学」といった高尚なことではなく、

この人は注目すべき人物だと、勝手にnが決めつけた人を

注視しているだけのことである。

 

現在のターゲットは3名。注視期間の長い順に並べる。 

 

テイル氏。

福助さん。

そして松川せいせい。

 

いずれもnが心の中で付けたお名前であるので、ご本人は絶対に知らない。

第一、nの存在すら気付いていない。

 

今回は、テイル氏について取り上げてみたい。

  

以前、ヘアドネーションについて書きましたが

neillot.hatenablog.com

 

健康な状態で、髪を長く、しかも早く伸ばすにはどうしたらいいか

と考えていた時のこと。

 

きりりと結んだポニーテールが印象的な方を通勤路で見かけた。

テイル氏と名付ける。

 

テイル氏は

会社の最寄り駅付近で、見かける。

 

大通りの交差点で信号待ちをしている時に、どこからともなく合流してくる。

決まって横断歩道の手前で、先頭に立つ。

 

氏に会った朝は、必ず彼の後頭部を眺めることとなる。

 

「今日も美しい黒髪ですね。つややかですね。」

 

ばりっと決まったテイル氏のポニーテールは、

 

男たるもの、ヘアワックスでぴっちりと撫で付けて結ぶべし、

 

という長髪男性の心得を示しているかのようだ。

 

ふわゆるを目指す、女性のポニーテールとは違い、

男性の目指すべきポニーテール(オフィス編)は、間違ってもルーズ感は出さない。

 

テイル氏の髪のようにツヤがありつつ、この位の長さが欲しい…。

 

nは氏の後ろ姿しか、知らない。

室内でも

先日、会社でお花見会食がありました。
 
数年前までは
社員揃って近くの公園へおもむき
特大シートを広げ
満開の桜の下、みんなでお花見弁当を食べていました。
 
しかし、ここ数年
花粉症の社員が増えて

 

というより

 

「花粉症なので外イベントは遠慮したい」とカミングアウトする社員が増えて、

趣向が変わりました。


美味しいお弁当を食べるには、
止めどなく流れ出る、鼻と涙を押さえながら
マスクを外して・・・という状況は、辛かったと思います。

 

社員達の相次ぐカミングアウトは、大きなうねりとなって

お花見でありながらの室内イベント、を
勝ち取ったのでありました。


という経緯がありまして、、、


I社長さんごひいきの粋なお店にて

 豊かな海と山の幸を、

社員一同美味しく、有り難く頂きました。

 

もちろん、I社長さんのダジャレも満開でした。

 

そして可憐に散っていたのであります(笑)。

はなればなれに2

昨日からの続きです。


最初は長女のお話を
興味津々で聞いていた弟たち。

しかし、長男の顔が次第に曇り始め
下を向いてしまいました。


そして
肩を震わせて「うっうっうっ…。」


泣いている。
母、速やかに介入する。


「Rくん、大丈夫?」

「うううっ…うわ~ん!!
ママとはなればなれなんて、ぼくやだー!」


それを見た次男も、
みるみる目に涙があふれてきて

「うえ~ん!ぼくもやだー!」


つられ泣きで
あっという間に涙の大合唱。

こんなはずじゃ…と長女、
結果的に二人を泣かしてしまったことで、おろおろ。


エモーションの嵐が鎮まったころ
泣きじゃくる二人を静かに抱きしめ「ママはどこにも行かないよ。」と
優しく言いました。

すると、
「ううう、うわーん!!」


しまった。逆効果だった。
収まってきた泣きが、また再燃してしまった。



長男はその日
トイレに入る時も、お風呂に入る時も、寝る前も、

長女のお話を思い出しては、悲しみに浸り
泣いていました。

「ママとはなればなれなんて、ぜったいにやだー!」


ママがいなくなる、どこかへいってしまう、
はなればなれになる、
ことは
幼い子供にとっては、最大の恐怖である。


大人でも
母親が、親しい人が、身近な存在の人が、突然いなくなってしまうと
精神的なダメージは受ける。
恐怖に結び付く喪失感に襲われる。


今日のような長男の心理状態から想像されるにつけ

被災地のお子様も、もちろん大人の方も
それぞれの心に残された傷跡の深さは、
計り知れません。


長女の作ったお話が
不意に、東日本大震災を思い出させてくれました。


問題は、なぜ4月も下旬の
今なのか(笑)。